プノンペンからバンコクへ

9月18日、8時40分、トゥクトゥクのオヤジに別れを告げて、バンコクへのフライト。

陸路で丸一日かけて来た道も、飛行機ではたったの一時間だった。到着してタクシーで走る道路は、カンボジアのそれとはあまりにも違いすぎた。高速を走るタクシーの車窓からは、高層ビルが林立しているのが見える。

カオサンロードにて

東京と変わらない街を走りながら、快適な反面、どこか少し、寂しい気がした。タイの誇る安宿カオサンロードにて宿を探し、しばらくうろつく。翌日のツアー予約などを済ませ、ホテルに荷物を置きに行く。アジアホテルという準高級の代表格のようなホテル。室内は良くも、悪くもない。

ホテルに着くと、スコールが始まったため、ホテル内のサウナで時間をつぶす。一時間100バーツ(300円)なり。サウナに入るのが大好きな俺にとって、ホテルにサウナがあるのはうれしすぎた。

すっきり爽快になり、バンコク市内で飲んだ。
そして、翌日カンチャナブリに行く予定有った為、早めに眠りについた。

下の地図は、今回の旅行のルート。成田→バンコク→アランヤプラテート→ポイペト→シェムリアプ→プノンペン→バンコク→カンチャナブリ→バンコク→成田


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

人間交差点とは バブル世代を生きたサラリーマンたちなら読んだことがあるかもしれないが、矢島 正雄作、 弘兼 憲史 画の漫画、『人間交差点』を紹介したい。 最近コンビニでも1冊300円位で売っていて懐か...   続きを読む »

長い期間出張をしているとだんだん髪の毛が伸びてくる。海外と言えば中国で洗頭と呼ばれるマッサージにはよく行くが髪を切ってもらった事はない。 (洗頭とは、椅子に座って体勢を起こしたままの状態で頭を洗うサー...   続きを読む »

都内で働く高給サラリーマンの中には東京カレンダーを日常的に見ているという人も多いだろう。ある人は、あまりに読みすぎて時間をむしりとられるので、アプリを削除したと言っていた。 参考例:シバユカ 最終回:...   続きを読む »

バンコクにて 9月13日、バンコク。9時40分くらいに起きる。窓のない部屋に朝はやってこないと思っていたが、壁の薄さはバンコクの喧騒を目覚まし代わりにしてくれる。カンボジアに行くために、VISA発給申...   続きを読む »

伊豆の老舗、天城荘はバブル時代に10億円を売り上げていたが、どんどん客離れが進んで、3億2000万円の負債を抱えた。 その旅館をリバティー社が買収して再生を始めた。 このストーリーはガイアの夜明けで放...   続きを読む »

ページトップへ