プノンペンからバンコクへ

9月18日、8時40分、トゥクトゥクのオヤジに別れを告げて、バンコクへのフライト。

陸路で丸一日かけて来た道も、飛行機ではたったの一時間だった。到着してタクシーで走る道路は、カンボジアのそれとはあまりにも違いすぎた。高速を走るタクシーの車窓からは、高層ビルが林立しているのが見える。

カオサンロードにて

東京と変わらない街を走りながら、快適な反面、どこか少し、寂しい気がした。タイの誇る安宿カオサンロードにて宿を探し、しばらくうろつく。翌日のツアー予約などを済ませ、ホテルに荷物を置きに行く。アジアホテルという準高級の代表格のようなホテル。室内は良くも、悪くもない。

ホテルに着くと、スコールが始まったため、ホテル内のサウナで時間をつぶす。一時間100バーツ(300円)なり。サウナに入るのが大好きな俺にとって、ホテルにサウナがあるのはうれしすぎた。

すっきり爽快になり、バンコク市内で飲んだ。
そして、翌日カンチャナブリに行く予定有った為、早めに眠りについた。

下の地図は、今回の旅行のルート。成田→バンコク→アランヤプラテート→ポイペト→シェムリアプ→プノンペン→バンコク→カンチャナブリ→バンコク→成田


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

ネスレ名誉会長が後任のCEOや役員陣、社員や経営に携わる・若しくは志す人々に自らの経営哲学を伝えるべく書いた本を読んだ。 著者名:ネスレ名誉会長 ヘルムート・マウハー 岸伸久訳 出版日:2009年4月...   続きを読む »

2ちゃんねる見ていると、時々面白いものが出てくる。そんな内容を公開。 面白い話。。。 なぁ、スレタイとはあんまり関係ないんだけどちょっと聞いてくれよ。 実は6~7年前銭湯で幼稚園ぐらいの女の子に「パパ...   続きを読む »

東京で生活していても、場所の名前は知っていても行った事が無かったり、どんなところかわからない場所って言うのは沢山ある。多分、東京住んでても浅草行った事ない人も多いと思う。 名所回って、見た事の無いもの...   続きを読む »

久しぶりにワクワクする一冊を読んだ。本屋の隅のほうに押し込められるように置いてあったが、是川銀蔵という名前に反応して読んでみた。 評価:★★★★★ いうなれば、この本は一人の男の冒険譚と言ってもいい。...   続きを読む »

とある夏の日、インドのゴールデントライアングル+1、つまり、デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールを訪問した。 世界40か国以上を旅してきたが、人生観を変える程の体験をさせられた事も有り、旅の記憶をこ...   続きを読む »

ページトップへ