日経電子のバーン〜懐かしさマーケティング

2018年1月20日世界史の窓, 日本の論点

これはインパクトのあるCMである。電車の広告を観ると、お、周瑜、お、陸遜、などと思ってしまう。

あー張飛いたなー、桃園の誓いじゃないか、なんて懐かしい気持ちになり、三国志60巻セットを買ってしまった。

こんな気持ちを抱いたのは、きっと私だけではなく、20ー50代のサラリーマンで、三国志を読んでいた人なら皆そうだったのではないか。

このCM戦略の何が見事かというと、日経新聞を読むであろう人達に訴えかけている点である。

日経新聞を読む層は、一定程度の教養があり、社会人として働いている人達である。

そんな人達は、幼い頃に一定の教育を施す家に生まれたことだろう。

そして、三国志を読んでいた可能性も高い。

それを見事に読み切ったCMなのである。

私は、自分の仮説が正しいか、複数名の非サラリーマンに話を聞いてみた。

特に、教養を育てづらい家庭に育った人や、いわゆるDQNと言われる人達と話した。

すると、あのCM何?わけわかんない。

日経新聞とかおじさんが読むやつでしょ?とかそんな感じだった。

このような層に、読んでもらう必要はなく、読んでもらったとしても続かない。

そもそも読むインセンティブもない。

だから、その人達に訴えかける必要はない。

訴えかける人に訴えている、という意味でこのCMは大成功だと言えるだろう。

サラリーマンとして生きていく上でも、このマーケティングは非常に参考になる。

有限な自分の時間や、お金を、必要なところに集中的に投資すると大きなリターンが得られる。

このCMはそんなことまで示唆しているのである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

都内で働く高給サラリーマンの中には東京カレンダーを日常的に見ているという人も多いだろう。ある人は、あまりに読みすぎて時間をむしりとられるので、アプリを削除したと言っていた。 参考例:シバユカ 最終回:...   続きを読む »

世の中にはモリカケ問題で騒いで喜ぶ人たちがごまんといる。日本経済を良くするために何をすべきか考えたり、提言する事もなく、ただただ大騒ぎして国を混乱させている。 彼らは一体何がしたいのかさっぱりわからな...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

先日、中国の甘粛省に住む少女がビルから飛び降りて亡くなった。飛び降りようとしていた時、その様子を周囲の人間が動画配信したり、ツイッターで投稿したりしていたという。 そして、動画サイトなどには、「早く飛...   続きを読む »

先日、山手線に乗っていたところ、ドアの上の画面にバイトルのCMが流れていた。見る気もないのだが、視界に入ってくる動画を眺めていた。 CMは学園祭のお遊戯のような雰囲気で6人の女の子たちが踊り、最後に決...   続きを読む »

ページトップへ