タワーマンション低層階の住民は差別されるのか?

2018年1月20日資産運用, 日本の論点

ドラマでタワーマンション高層階在住民が低層階の住民を差別するようなドラマが放映されて、一時期話題となった。

そんなしょうもない差別があるのかと思ったが、これが実際にあるらしい。

都心部のタワーマンションは1階上がる度に、100万円単位で値段が上がるケースもザラであり、10階も離れていれば1000万違うということも少なくない。

というか、高層階専用のエレベーターもあったりして、住民の中には選民意識を持つ人もいる模様である。

だいたい、世界には70億人も人口がいて、ビルゲイツもアラブの大富豪も同じ空気を吸って過ごしているのに、格差は凄まじい。

そんな世界において、マンションの何階に住んでいるかなど、心からどうでもよく、どれほど狭い世界に住んでいるのかとあきれ返るが、マンションが狭い集落のようになるのだろう。

むしろ、タワーマンションはセキュリティがしっかりしており、となりの建物との感覚が広く、建物の構造も安心なので、プレミアムのつかない低層階は投資的にはお得な気がする。

それこそ、ファミリー層は積極的に買いを入れてもいいのではないか。

ちなみに、タワーマンションは年数が経過するごとに修繕費が莫大にかかり、低層階も高層階も関係なく割がけられる。

よって、2ー3年落ちで新築プレミアムがなくなった中古の低層階に買いを入れるのがもっともお得に過ごせるであろう。

Exitのタイミングを間違えぬよう、10年ほどで売り切るプランがたてば、ケースによっては良い買い物となる可能性もある。

兎に角、何が言いたいかというと、タワーマンションの高層とか低層とか、そんなもので差別云々なんて、クソくらえという話である。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

最近、不動産のオーナーとして賃貸付けをしていると、賃借り人の個人情報に触れる事が少なくない。当然、賃借り人本人だけでなく、保証人の親の個人情報も見る事になる。それらの情報を見るにつけ、家族の絆、希望に...   続きを読む »

テレビをつけたら不細工な女性がひな壇に座っていた。何の番組だったかは覚えていないが、随分メインなポジションで写っていた。その後、色々な番組を見るにつけ、様々な番組に出演している事がわかってきた。 そし...   続きを読む »

実に興味深い一面広告が日経新聞に掲載された。 Godivaが「日本は義理チョコをやめよう」と訴えた広告を出したのである。曰く、チョコを贈る、というのは贈られる人だけでなく、寧ろ贈る人の気持ちが大切であ...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

世の中にはモリカケ問題で騒いで喜ぶ人たちがごまんといる。日本経済を良くするために何をすべきか考えたり、提言する事もなく、ただただ大騒ぎして国を混乱させている。 彼らは一体何がしたいのかさっぱりわからな...   続きを読む »

ページトップへ