Day1 グループディスカッション、面接の日々

2018年4月17日就職活動

学生たちに好評を博した就職活動シリーズを以下に再アップする。。。

つかの間の栄光が不遇の時を忘れさせる

つい先日見たアラモ砦という映画に出てきた名台詞。

何に関しても、恐らく、苦しいことのほうが多いだろう。

そんな苦しい時も、一瞬の栄光が全てを忘れさせ次に進むことができる。受験勉強も、大学生活も、仕事も、大変な思いをしながら毎日を積み重ねる。それが報われる一瞬の為に、みな努力している。

先日出た外資系投資銀行の内定もまた、一瞬の栄光の時。積み重ねた苦しい時間を忘れさせる一瞬だった。

ただ、その一瞬は一瞬で終わらせないとならない。

どうも本当の目的を、過去の栄光にしがみついていては忘れがちになる。ほんの数日前の事にしても、すでに過去の事。すぐ来る明日に気持ちを切り替えねばならない。

現在の経過としては、ガラス会社二次面接が史上もっとも適当な面接となってしまった。

気持ちが緩みすぎて準備を怠った。本当に行きたい会社かどうか、迷いが出てしまったのが失敗の理由だろう。普通に面接官と対話したが、自分が面接官ならば、俺を落としているだろうなと思う出来。

1日は某メガバンク。10人近くでグループディスカッションしたが、レベルの低い討議にやる気を失った。

みんなまだ、慣れていないんだろうが、アイディアベースの議論、意味のない役割分担合戦、知識を披露する事で自分をアピールする輩、面接官をチラチラ見ながら人に話を振る少年など、あまりにしょぼい面子に辟易とした。

その中で、女の子達はスマート(体型じゃなく頭)で論理的であり、問題の本質が見えていた。

どこの面接に行っても、賢い女の子が目立つ。女性の社会進出をひしひしと感じる今日この頃。

つづいて、某商社の筆記。完全に壊滅。英語が特に壊滅。筆記が初めて壊滅した瞬間だった。

さらに、某ディベロッパーの面接。

学生2対面接官1の戦い。隣に座った学生の戦闘力の低さに驚いた。面白くない話を、つまらないしゃべり方で話すので、俺も巻き込まれそうになったが、頑張って自己PR。

最後のほうは、面接官が明らかに俺にしか興味を示さず、ちょっとかわいそうな状況だったが、これも勝負の一つ。

ひたすら喋り続けて終了。夜中に通過の連絡。次回二次面接。

いよいよ戦闘が本格的にスタート。基本毎日更新で行きます。

更新の励みになりますので、面白いと思ったらクリックお願いします。


就職活動ランキング

Day2 筆記試験(三井不動産、商社ほか)


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

朝から大手町に降り立ち、落ちてしまった大手町の商社の前に立った。 そして、自爆テロに向かった・・・わけではなく、とりあえず最後に目に焼き付けて退散。 雨の降る日で、桜も散りきり、まさに心中を表すかのよ...   続きを読む »

最近考えるところが多く、色々と書き書きしては、考えをまとめている今日この頃。。。 OB訪問をしたり、説明会にでたり。色々と就職活動に関わる事をしているわけだが。たまたま運良く、予期していない形で外資系...   続きを読む »

同期が本日卒業を迎える中、俺は就職活動に明け暮れる一日を送っていた。 朝から試験を受けて、その後適性検査など。 さらにはグループワークにディスカッションのフルコース。グループワークでは上手くリーダー役...   続きを読む »

朝から激甚な一日を過ごす。一発目筆記。隣に座っていた院生と仲良くなったりしながら、筆記終了。少々難しい。その後OB訪問。ちょっと幸せな気持ちになる。 続いて面談。内定の承諾など、意志の確認など。幸せな...   続きを読む »

東大法学部で全く勉強せず、留年し、クソみたいな生活を送っていた友人と、もう一人のニートと俺の三人でインド料理屋へ飲みに行った。 連絡を待ち落ち着かない気持ちも、違う事を真剣に話しているとまぎれたりもす...   続きを読む »

ページトップへ