事業経営への進出

2018年1月20日資産運用

さて、前回は事業経営は投資ではなく、自らの知識や経験をもって、当該事業運営に携わり、リターンを得ること、と書きました。

事業経営と投資の違いを再度以下に書きます。

事業経営={(事業経営による売上 − コスト)+ 株式価額増減損益 + 配当 }− 事業経営にかかるリスク

投資= 株式価額増減損益 + 配当

事業経営が投資と異なる点は、第一に、「事業経営にかかるリスク」が存在する事、そして第二に、「事業経営による損失」が発生する可能性がある事、の2点に集約できるかと思います。

この2つの要因により、損害が青天井になる可能性があるため、個人投資家としては非常に恐ろしいと感じてしまいます。

では、「事業経営にかかるリスク」と「事業経営による利益」とはなんでしょうか。

飲食店を経営した場合の具体的な例を挙げると、「事業経営にかかるリスク」、とは従業員が違法に残業させられた場合の未払い残業代支払いや、食あたりなどによる訴訟・賠償リスクなどです。

「事業経営による利益」とは、売上からコストを引いたものです。売上に比べて、コストが過大になった場合、利益がマイナスとなる可能性があり、飲食店における主なコストとは、人件費・材料費・家賃・設備投資費などです。

ここまで書くと、なんか危険だな、怖いな、と思うかもしれませんが、それでは全く前に進みません。

資本主義はそのような人達を、ピラミッドの上位に居座る人達が食い物にする主義です。

つまり、怖い、危険と思っているうちは養分にしかならないということです。

事業経営を漠然と捉え、なんとなく危険、怖い、と考えるのではなく、事業経営とは何かを分解して考えることです。

そして、一つ一つの要素を自分の手に負えるところまで分解し、それへの対処を考えることが肝要です。

株式などの金融資産への投資は、企業活動の環境を把握、分析したり、財務諸表を学ぶことによって、損するリスクを減らす事が出来ます。

これと同じように、事業経営も損するリスクを減らせば、利益を得る基盤を作れるはずです。

さて、話を戻します。

「事業経営にかかるリスク」と「事業経営による損失」をミニマイズする方法とはなんでしょうか。

まず「事業経営にかかるリスク」をヘッジするには、所有と経営を完全に分離する事が肝要です。

つまり、株式会社が負う債務に対して、個人保証などをしないようなスキームを組む事です。

オーナーとして所有だけする、と言っても個人で事業運営する場合、経営陣としての責任が発生します。

経営陣としての責任については、企業としての規定を定め、それに則った運営を行う事です。

例えば、先述の通り、残業代や食あたりによる訴訟・賠償は事業経営にかかるリスクに該当します。

残業に関しては、タイムカードを導入して、違法な残業をさせない、という社内規定を設定し、それを遵守するような運用にします。

そして実際にタイムカードを必ず押すようにしてエビデンスを積み上げていきます。

また、食あたりによる訴訟・賠償については、損害保険に加入し、賠償責任に関するリスクをヘッジする事が肝要です。

民事裁判においては主に、重大な過失の有無、不法行為、の2点が争点となる。よって、経営陣がこの責任を追わないような規定の設定と、その運用の推進、を通じてリスクはヘッジ可能である。

続いて、「事業経営による損失」リスクだが、これはコストが売上を上回らないようにコントロールする、ということです。

シンプルに考えれば、売上を伸ばす、もしくは、コストを減らす、ことによって損失の発生を回避できる。

更に要素を分解すると、飲食店であれば、売上=客単価×客数、であり、客単価と客数のコントロールが肝要となる。

また、コストとは人件費、家賃、原材料費、設備投資費、です。

これらを要素別にコントロールすれば、損失の発生は防げます。

纏めとなるが、「事業経営によるリスク」「事業経営による損失」という2大リスクをコントロールすることで、事業経営は収益を生む事が出来ると考えます。

損をしない、という発想は事業経営とは真逆の発想であり、そんな考え方では失敗する、という見方もあるでしょう。

勿論、事業経営には情熱が欠かせないし、利益を産む姿勢が不可欠だが、損をしない、というマインドは利益を生む情熱に繋がる。

オーナー経営者はすべからく、起業家としてのリスクをとってきた人達だが、リスクをコントロールする仕組みを作った人達とも言える。

そして、資本主義の最大の発明は複利であり、資産が加速度的に膨らむ、ということだが、実は事業経営というのも複利に等しいと言える。

どういうことかというと、社内規定、事業運営の経験、などは無からは生まれない。一つずつ規定や経験を積み重ねていくことで研ぎ澄まされていく。

事業基盤があるからこそ、そこに規定が積み重なり、人が集まって経験が蓄積される。

つまり、事業経営は複利と同じく、資産を集積させる手段の一つと言える。

以上、個人投資家として資産運用は今後とも積極的に続けていくが、上述の考えを踏まえて、2018年以降、事業経営に進出していく所存である。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

段々とオリンピックが近づいてきた。過去の他国におけるオリンピックを例に挙げながら、株価や不動産価格はオリンピックに向けてピークを迎えるといった論調で語られる事がある。 また、株や不動産投資家と話してい...   続きを読む »

戦後の日本で、拡大し続けてきた格差 先日、週刊ダイヤモンドに「氷河期世代没落で生活保護費30兆円増、衝撃の未来図」という記事が載っていた。要は氷河期世代の独身者などが生活保護を受け始めると、年金や医療...   続きを読む »

昨晩、NYダウが831ドル(3.15%)下落し、本日の日経平均は一時1000円を超す値下げを見せた。そして、終値は915円(3.89%)で引けた。本日までに含み益が150万円位出ていたが、本日の暴落に...   続きを読む »

培養肉と聞くと何か気味の悪いもののように思うかもしれないが、その感覚は10年後には古い感覚になるに違いない。 世界には牛、鳥、豚、といった家畜が何十億と飼われており、毎日数千万単位で殺されている。 こ...   続きを読む »

不動産を買っていると色々な業者とコミュニケーションを取ることになるのだが、彼ら同士が話をする場にも同席する事がある。 そんな会話を聞いていると何となく不動産業者の序列が見えてくる。大きな傾向としては、...   続きを読む »

ページトップへ