ガイアの夜明け 〜静岡伊豆の天城荘の改革〜

伊豆の老舗、天城荘はバブル時代に10億円を売り上げていたが、どんどん客離れが進んで、3億2000万円の負債を抱えた。

その旅館をリバティー社が買収して再生を始めた。

このストーリーはガイアの夜明けで放送されていたものだが、実に興味深いものだった。

旅館が蓄積してきた、旅館運営のノウハウ、働いている人達、旅館としてのストーリーなど、あらゆる有形無形のアセットをフル稼働させて再生させる。

その再生を手がけていたのが、リバティー社の福原氏。

小規模旅館の再生のプロである。

社員80人、売上8億円、とのことで、小規模の旅館を探しては、ホームページを最新にして、宿予約サイトに部屋の出品を代行している。

月額2万円と予約代金の5%が収入になるとのことだが、なかなか面白いニッチな市場を商売にしている、というので実に興味深かった。

また、福原氏の夢が、小さな宿を集めて、巨大チェーンに対抗する、というのが実に痛快であった。

日本は今、アジア最大の旅行スポットになりつつある。

見所の少ないシンガポールなどに比べると、あらゆる観光資源に恵まれている。

また、長い歴史に培われた文化的な深みは、西欧人達にとっても憧れの場所になりつつある。

ちなみに、かくいう私も、日本全国の旅館ファンであり、ありとあらゆる高級旅館に泊まってきた。

好きすぎて、旅館を1軒買おうかと真剣に考えてDDしたことがあるほどだ。

だが、旅館はあまりにアセットが重く、利益率が低いうえに、管理の手間がかかりすぎるのでやめた。

しかし、旅館は衣食住の全てを体験できる場所であり、温泉有り、最高の日本文化体験スペースだと思う。

いつの日か、余力資金で旅館も買って運営してみたいものである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

人間交差点とは バブル世代を生きたサラリーマンたちなら読んだことがあるかもしれないが、矢島 正雄作、 弘兼 憲史 画の漫画、『人間交差点』を紹介したい。 最近コンビニでも1冊300円位で売っていて懐か...   続きを読む »

ぅおろろ あいおー あぃおー ファンなら当然わかるであろうこの掛け声、実に懐かしいゲームだが、20年くらい前にシリーズ第1弾が売り出された時は、まさに革命だったと言っていい。 いそいそ歩いて木苺を収穫...   続きを読む »

心理学者アドラーの哲学を、哲学者と凡人の対話として分かりやすくまとめた本。取引先から進められて読んでみたがなかなか面白く、色々な人間関係の悩みとか、ふっと晴れるような気がする一冊だった。 書籍名:『嫌...   続きを読む »

近頃、食事をすることに抵抗がある。同じようなものしか食べていないというのが大きな理由。正確に言うと、それぞれ味は違うが、同じように値段の安い外食に飽きたということだ。 どの食事も、一口目はおいしく感じ...   続きを読む »

旅の始まり 学生時代、九月に10日間の休みが出来たので、これを利用して、どこかへ旅行をしようと考えた。 バックパッカーの聖地と呼ばれるパキスタンの町、フンザなどに行きたかったが、休みが短くとても行けな...   続きを読む »

ページトップへ