東京国立博物館 – 展示 表慶館 アラビアの道

2018年4月29日世界史の窓

本館とそこに連なる平成館を見た後、いよいよ今回の訪問の目的である表慶館、アラブの道を視察した。

日本ではアラブや中東との繋がりが少ないので、博物館などでもほとんど展示品が無い事が多い。なのでこの展示は非常に貴重で、ワクワクしながら見に行った。

入り口から謎のデザインの石碑。ワクワク感が高まる。いいぞいいぞ。

 

メッカに巡礼する人々、香辛料で栄えた古代の街・・・

もうこういうフレーズだけでイキそうになる。。。

 

 

ふぅ・・・

 

この地図・・・いい・・・

 

ラクダの大群。いい・・・

 

謎の石たち。古代の部屋はこれ一つ。

 

日本などとの歴史の比較。メソポタミアから始まるアラブの歴史は実に古い。ヨーロッパ文明とアジアの交流点であったことがよくわかる。

 

ディルムン。ドラクエの街のよう。うっ・・

 

香料の道・・ふぅ、ちょっと休憩しないとだめだ。

苦しい。

 

 

 

乳香、没薬。博物館の中からAmazonでポチってしまった。。。

いい・・・

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=lehmanportal-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B012VDLKA2&linkId=a5720ac7973f5105b076bc47caef83b5&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

 

紀元前1200年にこんな鳥の土器をつくるなんて、センスが凄い。。

 

ナバテア王国とは不勉強にして知らず。

ラテン語の石碑。

ナバテア王国に飾られていた彫像。

こちらも交易で栄えた町。現代でいえば、シンガポールや香港のようなものだろう。ちなみに、最近はAmazonが交易のプラットフォームになっているが、幾らネットが発達したとしても、知的人材などの集積地というのが無くなる事はないだろう。

石板。

乳香が木からしみ出す様子を映像でとらえている。

町々を繋ぐ交易路。

昔はアラビア半島も緑豊かなオアシスだったというが、いつの間にか砂漠とテロに包まれる世界になってしまった。滅んだ古き都市。いい。。。

 

 

なんだ子のセンスは・・・いい・・

これも

こいつも

 

埋葬品だった。

 

なんだこの不思議な目をした石板は。

 

アラム文字の解読が古代中東の歴史解明につながったという。

 

巡礼の道の説明。イスラム教徒は一生に1度かならずメッカを訪問せねばならない。

旅する人々。

 

商人の墓碑。金持ちだったのだろう。

 

金の刺繍が入ったカーテン。

重厚な扉。メッカにて。

乳香を炊く香炉。茶器に通ずる形式美がある。

 

 

 

最後はサウード家の解説。

 

こんな感じで実に見ごたえがあった。2時間くらいはじっくり楽しめる。

また行きたいくらいである。歴史好きは必見の展示である。

 

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

2017年を通じてミサイルを打ちまくった北朝鮮。 打ち込まれる度にJアラートを鳴らしてみたり、抗議してみたりと、騒がしい1年だったが、実に弱腰な対応だと思う。 そもそも、他国が自国の排他的経済水域にミ...   続きを読む »

人類史上最大の帝国はローマでもイギリスでもない。アジア人が作ったモンゴル帝国である。 モンゴル帝国は、荒野の広がるユーラシア大陸の中央部からロシアがメインの為、人口がそこまで密集している地域ではなかっ...   続きを読む »

先日、中国の甘粛省に住む少女がビルから飛び降りて亡くなった。飛び降りようとしていた時、その様子を周囲の人間が動画配信したり、ツイッターで投稿したりしていたという。 そして、動画サイトなどには、「早く飛...   続きを読む »

歴史好きのF先生より寄稿頂いた文章を掲載します・・・ 今回、書いてみたいのはヒトラーとベジタリアンについてです。恐怖の独裁者と呼ばれ、ユダヤ人に対して歴史上、類をみない非道を行ったヒトラーが、実はベジ...   続きを読む »

2日目:デリー観光   本日の行程は以下の通り。 世界遺産ラール・キラー(外観)。オールドデリー巡り。 世界遺産フマユーン廟、インド門、大統領官邸へ。昼食後、世界遺産クトゥブ・ミナールを見学...   続きを読む »

ページトップへ