シティバンク最終〜今はプレスティア〜

2018年1月20日就職活動

という事で最終。ヤクザのおじさんと、仕事ができそうなお兄さんの二人。ヤクザのオジサンは、クレーム受付係のトップとの事。ふーむ、やばい。

面接開始。いつも通りに喋りまくる。

と同時に普通の会話。

目の前に座っているのはおじさん以外の何物でもない。大したことはない。ただのオジサンだ。

自己PRは完璧。志望動機は。。。少々弱かったか。相手の質問を軽く、違う方向に答えながら時間を稼ぎ、答えを考えたがひょっとしたら、伝わってしまったかもしれない。

まぁ恐らく大丈夫だろうと予測。ヤクザのおじさんに、私は競争が好きです。徹底的に競争しますと言ったら、満足そうな顔をしていたから。

それにしても、先日受けた博報堂から連絡がこないのが、驚き。

あの活躍からしたら、まず通っておかしくないところだが。ただ、適正検査で落ちる可能性は十分にある。性格を紙きれで判断されるのも、非常に空しいところだが、あちらとしても判断の指標がないのは事実。

GD,GWで落とされたとしたら、評価を下していたあのオジサンをゆるせん。たぶん、グループ8人をまとめ上げて、良い結論まで導いたのは、俺ともう一人の男だったから。

本日までに結果が来ない場合、終了のお知らせという噂あり(就活版2chより)

まぁとりあえず夜まで待とう。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

一発目、商社。ここで高校の同期を発見。K君だった。少々太った姿に驚く。 面接開始。終始和やかかつ、良い雰囲気で自分をアピールできた。ほぼ通過と予想。面接官は、すでに内定後の話をし始めていたので、大丈夫...   続きを読む »

学生たちに好評を博した就職活動シリーズを以下に再アップする。。。 つかの間の栄光が不遇の時を忘れさせる つい先日見たアラモ砦という映画に出てきた名台詞。 何に関しても、恐らく、苦しいことのほうが多いだ...   続きを読む »

部活の卒業パーティーがあった。 卒業式で、自分が話すべき人たちと、いかに自分が××社に入りたいか話をした。 とっても大切で人生に関わる話を。しかし、人間中立というのは一番難しい。片方に寄れば、片方はそ...   続きを読む »

朝、広告某社で最終面接を受けてきた。面接官2対1。志望度ややりたい事を聞かれた。今一つパンチが足りなかったと思う。OB訪問も一人しかしていないし、広告についてもよく知らないため、相手にインパクトを与え...   続きを読む »

就活生は毎日起こったことを記録すべきである。 別に日記を書いて自己満足すべし、と言っているわけではない。自分が感じたことや考えた事を、アウトプットする習慣をつけるべきと言いたい。 毎日アウトプットを続...   続きを読む »

ページトップへ