デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールの旅 ~インドの旅はカレーの香り~②

1日目:成田からデリーへ

成田からデリー行きのJALに乗る。今回もコストを抑えてエコノミーでの旅となったが、JALが機材を新しくしており、ANA以上に快適な事に驚きながら、空の旅を楽しんだ。

私は40か国以上旅してきたが、インド入りは初めてのこと。事前に、インドには胡散臭い詐欺師が山ほどいるので気をつけろ、特に空港でタクシーの運転手に騙される、という話を聞いた事があったので、とりあえず警戒感マックスでゲートを出た。

すると、名前を書いた看板を持った迎えの人が来ていたので、何も心配する事なくホテルに移動する事が出来た。若いころは、危険を顧みず遅い時間に到着するフライトで、電車乗り継いで安宿に泊まっていたりしたが、もはやジジイなので安心を金で買うようになってしまった。

The Leela Palaceホテル

そして、20時頃にThe Leela Palaceに到着。値段は2泊で4万円もしない程だが、ホテルは豪華絢爛。入り口で花を紡いだリースをかけられて歓待されたが、モーなんかいい匂いがする。

 

ロビーはこんな感じ。

 

そして部屋で休んだ後、ホテルでバーに行き、軽く飯食って飲んだら1万5,000円も取られた。

ホテルにはあちこちにホテルマンが立っていて、荷物を持っていたり、トイレから出てくる時にタオル渡してくれたり、それはもう至れり尽くせり。

ホテル内のそこら中にバラの花などが生けてあり、素晴らしい香りが充満していた。

そんな感じで気持ちよくなりながら一日目の夜がまどろんでいった

第3話:https://wp.me/s9zb4C-1524


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

英国にあるありふれた小売業の一つに過ぎなかったテスコを、英国最大の小売業に育て上げ、世界展開を強力に推し進めたテリー・リーヒ氏の著作。稀代の経営者の言葉に触れたいと思い読んでみた。 書籍名:『テスコの...   続きを読む »

国立科学博物館で開催されている人体の不思議展を見れなかったものの、国立博物館で開催されているアラビアの道を見に行くことにした。 そしてわずか5分で博物館に到着。 チケットカウンターで聞いてみたところ、...   続きを読む »

歴史好きのF先生より寄稿頂いた文章を掲載します・・・ 今回、書いてみたいのはヒトラーとベジタリアンについてです。恐怖の独裁者と呼ばれ、ユダヤ人に対して歴史上、類をみない非道を行ったヒトラーが、実はベジ...   続きを読む »

標高4292メートル。太陽は近く、空気は薄い。道は凍り、風が吹き荒ぶ。 とある年の12月、中国雲南省香格里拉県にある、真のシャングリラ(桃源郷)と言われる場所を目指し、旅していた。 合計で4つの都市を...   続きを読む »

4日目: バラナシの朝 この日はこんなスケジュールで動いた。 早朝、ヒンドゥー教徒が沐浴するガンジス川をボートで遊覧。その後、バラナシの観光(火葬場マニカルニカー・ガート、ヴィシュワナート寺院、ドゥル...   続きを読む »

ページトップへ