デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールの旅 ~インドの旅はカレーの香り~②

1日目:成田からデリーへ

成田からデリー行きのJALに乗る。今回もコストを抑えてエコノミーでの旅となったが、JALが機材を新しくしており、ANA以上に快適な事に驚きながら、空の旅を楽しんだ。

私は40か国以上旅してきたが、インド入りは初めてのこと。事前に、インドには胡散臭い詐欺師が山ほどいるので気をつけろ、特に空港でタクシーの運転手に騙される、という話を聞いた事があったので、とりあえず警戒感マックスでゲートを出た。

すると、名前を書いた看板を持った迎えの人が来ていたので、何も心配する事なくホテルに移動する事が出来た。若いころは、危険を顧みず遅い時間に到着するフライトで、電車乗り継いで安宿に泊まっていたりしたが、もはやジジイなので安心を金で買うようになってしまった。

The Leela Palaceホテル

そして、20時頃にThe Leela Palaceに到着。値段は2泊で4万円もしない程だが、ホテルは豪華絢爛。入り口で花を紡いだリースをかけられて歓待されたが、モーなんかいい匂いがする。

 

ロビーはこんな感じ。

 

そして部屋で休んだ後、ホテルでバーに行き、軽く飯食って飲んだら1万5,000円も取られた。

ホテルにはあちこちにホテルマンが立っていて、荷物を持っていたり、トイレから出てくる時にタオル渡してくれたり、それはもう至れり尽くせり。

ホテル内のそこら中にバラの花などが生けてあり、素晴らしい香りが充満していた。

そんな感じで気持ちよくなりながら一日目の夜がまどろんでいった

第3話:https://wp.me/s9zb4C-1524


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

必要なことはなんなのか、人間は頭の中では混沌とした状態にある。 それをはっきりとさせるのが、言葉である。言葉を通じて、混沌に筋道を立てる。言葉を介し、思考の限界の先にあるものが目標という言葉だ。 例え...   続きを読む »

良く晴れたとある春の日、街中で「特別展人体 神秘への挑戦」という看板を見かけた。 過去に海外で人体の不思議展を幾度か見てきたが、どの展示会も外れた事がなかった。やはり、人体に関する展示というのは、自分...   続きを読む »

英国にあるありふれた小売業の一つに過ぎなかったテスコを、英国最大の小売業に育て上げ、世界展開を強力に推し進めたテリー・リーヒ氏の著作。稀代の経営者の言葉に触れたいと思い読んでみた。 書籍名:『テスコの...   続きを読む »

人間交差点とは バブル世代を生きたサラリーマンたちなら読んだことがあるかもしれないが、矢島 正雄作、 弘兼 憲史 画の漫画、『人間交差点』を紹介したい。 最近コンビニでも1冊300円位で売っていて懐か...   続きを読む »

サブタイトルと背表紙に惹かれて思わず飛びついた本。世界20カ国で翻訳され全米ベストセラーとも書いてあり、よほど面白い本かと期待していたが、期待が高すぎた分評価が下がった。 書籍名:『はじめの一歩を踏み...   続きを読む »

ページトップへ