陸路でタイからカンボジアへ旅した時の話

旅の始まり

学生時代、九月に10日間の休みが出来たので、これを利用して、どこかへ旅行をしようと考えた。

バックパッカーの聖地と呼ばれるパキスタンの町、フンザなどに行きたかったが、休みが短くとても行けない。とりあえず近場のタイ、カンボジア、ベトナム、ラオスあたりをたびしようと決めた。

12日、4時起きで5時の電車に乗りリムジンバスを乗り継いで、成田国際空港へ到着。空港内で朝食。タイ茶漬けは1280円。どうやら成田ではインフレーションが激しいみたいである。それにしても空港内にユニクロがあることには驚いた。

9時25分。シンガポール航空995便バンコク行きは、定刻どおり出発した。機内は良い感じ。お金持ちな俺は、当然ながらエコノミー。。。機内のゲームでスト2を発見。4時間ぐらいずっとやった。

大好きなブランカを使ったが、一度も敵に勝てなかった。なんせ、技がローリングアタックと、ビリビリくらいしかない。俺はなかなかローリングアタックが出せない。飛行機のコントローラーということもあるが、基本下手なのだ。何度も死に、キャラを変えながらボクシングのオヤジまでたどり着いたが、こいつがくせ者だった。飛び道具を20パーセントくらいの確立でしか出すことが出来ない俺にとって、こいつの存在はあまりにも強大だった。。。

飛行機の小さなコントローラーを使いながら、一時間必死にがんばったが、指が痛すぎてついにあきらめた。そんなこんなで、バンコクに到着。

バンコクにて

空港から街まで、電車を利用。運賃は、確か30円くらい。その日の宿を探すために歩き始めた。しばらく歩いて、アジアの一大歓楽街、パッポンのすぐ近くに位置する、ウォールストリートインという宿に決めた。一泊1200バーツ(3600円)。

荷物を置いて、会う約束をしていた、タイの友人に電話。と・・・思ったら持ってきた電話番号が違った。焦ってネットカフェに行き、彼にメールを送る。電話番号を改めて教えてもらい、電話した。21時すぎごろにナイトクラブへ。

ナイトクラブで、ウイスキーをショットで飲みながら、座っていた。目の前では、見知らぬタイ人と白人が踊っていた。タイの女は腰をくねらせ白人の股間に擦り付けながら踊っている。俺はあの空間が好きではない。

そんなこんなでバンコクの夜は更けていった。

9月13日へ続く。。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

「髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのである」 この名言の人物こそ、ソフトバンクグループ創業者の孫正義である。一代でこれだけ巨大な会社を築くには、並大抵の努力や発想がなければなし得ないこ...   続きを読む »

ネスレ名誉会長が後任のCEOや役員陣、社員や経営に携わる・若しくは志す人々に自らの経営哲学を伝えるべく書いた本を読んだ。 著者名:ネスレ名誉会長 ヘルムート・マウハー 岸伸久訳 出版日:2009年4月...   続きを読む »

私は仕事で、旅行で、世界60ヶ国近く旅してきた。 その経験から断言できるが、日本の食文化は世界一奥深い。 食、とは実は非常に漠然とした言葉だが、分解して考えて見ると以下の要素に分けられる。 まず、材料...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

9月20日、バンコク市内にて 工事の音で目覚めると、AM10時45分。チャイナタウンで食事しようと、タクシーに乗る。 路上の屋台に足を止め、しばし料理の様子を見る。てきぱきした動きでチャーハンらしきも...   続きを読む »

ページトップへ