義理チョコの廃止を訴えたGodivaの想いとは

2018年2月4日日本の論点, 処世術

実に興味深い一面広告が日経新聞に掲載された。

Godivaが「日本は義理チョコをやめよう」と訴えた広告を出したのである。曰く、チョコを贈る、というのは贈られる人だけでなく、寧ろ贈る人の気持ちが大切であり、義理で贈るような習慣こそやめるべき、と訴えているのである。

これは痛快というか、気持ちのいい広告だった。

しかも、日経新聞の読者と言えば、受け取る側の企業のサラリーマンであって、そんな人たちに対して、バレンタインの前に義理チョコやめるべき、と訴えているのである。

つまり、おじサラリーマンたちは、職場の女子たちに「今年は義理チョコ贈らなくていいよ」とか「義理チョコを贈りあう習慣は廃止すべし」と伝えて下さい、と言っている訳である。

私は、こういう姿勢こそが正しいと大いに共感した。

そもそも、海外でバレンタインと言えば、男性が女性に愛情をこめてチョコレートを贈る日である。気持ちを込めて、相手に愛情を伝える日が、どうして同調圧力の成れの果てのような儀式になってしまうのか。

本当に残念でならないと思う。むしろ、Godivaには、来年この広告を一歩進めて、男性が女性に愛情を伝える日にしよう、義理チョコではなく、本当の気持ちを伝えよう、と広告してほしいものである。

ちなみに、義理チョコに近いものと言えば、年賀状が挙げられる。年に1回送られてくるが、ほとんどが虚礼の類であって、何ら実利に繋がらない事が多い。その割に、1人に送ったら皆に送らねばならないという同調圧力が働く為、本当に日本的なシステムだと思う。

よって、私は取引先含む周囲のすべての人から住所を聞かれた場合、年賀状は一切不要なのでお伝えしてません、と言ってバシッと断る事にしている。また、年下や目下の人で年賀状を送りそうな人には、送ってくるな、どうしても送りたいならメールか年明けの挨拶にしてくれ、と予め伝えるようにしている。

さすがに義理チョコ貰って無視する訳にいかないので、貰ったチョコの倍のクオリティのお菓子を返すようにしているが、やはり、会社関係のチョコなどは、どこまで行っても義理であって虚礼の類なので、一切廃止するべきだと思う次第である。

上司や先輩は、部下に意味のない気づかいをさせない、という思いやりが大切ではないか、そんなことをGodivaの広告から思わされた次第である。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

コインチェックの取引所から580億円が何者かによって盗まれ大騒ぎになったが、480億円を返金すると発表した事で、ネット上では安どの声や、どうやって資金を調達するのか、などの疑問の声が広がっている。 コ...   続きを読む »

先日、小学校のころの友人と会い、二人で酒を酌み交わしながら、懐かしい話で盛り上がった。 社会人になるまで数え切れないほど、いろんなことがあったが、あまりにも多くのことを忘れている。人間は本当にたくさん...   続きを読む »

世の中にはモリカケ問題で騒いで喜ぶ人たちがごまんといる。日本経済を良くするために何をすべきか考えたり、提言する事もなく、ただただ大騒ぎして国を混乱させている。 彼らは一体何がしたいのかさっぱりわからな...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

年々紅白の視聴率が低下している。2018年の視聴率は30%台に突入し、歴代最低レベルまで落ち込んだ。 何故だろうか。 理由は簡単である。つまらないからだ。 いや、単につまらない、というとあたかも紅白の...   続きを読む »

ページトップへ