1月23日 株式投資状況

2018年1月26日資産運用

12月に旭有機材の有望さにつき説いたころ1850円位だったが、1月22日週に入り2096円迄急騰を続けている。日経平均が12月1日から1月23日まで22,819円から24,814円まで8.7%上昇しているが、同社の株価は1,821円から2096円まで15%上昇しており、十二分な高パフォーマンス株と言える。

やはり、大量にため込んだキャッシュと潤沢なキャッシュフローをM&Aや工場のAI,IOT化に注ぎ込める環境がある事、経営陣が投資する意思がある事、そして日本及びアジアにおいて高いシェアを有しており着実な利益増加が5年、10年先まで見込める事、などから株価が平均を上回って推移しているものである。

一旦過熱感が出てきたので、全株売却して少し下がったところで買いを入れたいと思う。

ちなみに、現在の当方のポートフォリオは以下の通り。皆さまの銘柄選びに少しでお役に立てば幸いである。

優待目的 :ビックカメラ
優待目的 :ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス
上昇狙い :中野冷機(リターン30%over)
上昇&配当狙い:三井物産(リターン10%over)
一部昇格期待 :日本社宅サービス(リターン10%over)
上昇狙い :廣済堂(リターン10%over)
上昇狙い :GCA(ジャンピングキャッチ)
上昇狙い :ヨコオ(S高-リターン40%over)
一部昇格期待 :クリヤマホールディングス(リターン30%over)
上昇狙い :オリックス(リターン10%over)
上昇狙い :ローム

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

2018年2月2日(金)、NYダウが666ドル値下がりした。リーマンショック以来9年ぶりの下げ幅と大々的に報道され、週明けは株価が世界全体で暴落しかねない、という悲観論が交わされる中、土曜、日曜が過ぎ...   続きを読む »

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。 メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。 その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、 「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁...   続きを読む »

資産運用の観点からみるマイホーム いきなり結論から言うが、マイホームを買ってずっと住む、というのは資産運用の観点からはゼロ点である。資産運用において最も意識すべきは、キャッシュを生み出す資産だけが資産...   続きを読む »

最近、ジリジリと上昇する株価の恩恵を受けてジワジワと利益が出てきているが、いま注目しているのが旭有機材。 工業用樹脂、プラスチックバルブの分野でトップシェアを誇り、ニッチ市場で手堅い商売をやっている会...   続きを読む »

2018年2月18日(日) 激動の2週間が過ぎた。気づけば、1月半ばのピーク時から1000万円の損失が出ている。正確に言えば、2017年に稼ぎだしてきた700万円程度の含み益が消し飛び、300万円程度...   続きを読む »

ページトップへ