沖縄に米軍基地があるのはなぜか

2018年1月20日日本の論点

第二次世界大戦の激戦地、沖縄。

これまで、10回くらい沖縄を訪問したことがあるほど好きな県だが、飛行機の窓から青緑の海が見えてくると、なぜか、戦争の激戦地であった、ということを考えさせられる。

米軍に追い立てられて、断崖絶壁から人々が身を投げた摩文仁の丘。

入口が火炎放射器で焼き尽くされた洞窟跡。

色々な戦跡を訪ねてきたからこそ、青緑の海を見ると、そういった記憶が蘇るのだと思う。

だから、戦争は恐ろしいとか、軍隊を持つべきでない、とか、米軍は退去すべき、なんて言うつもりは全くない。

ただ、日本人が過去に経験してきたことを、少しでも肌で感じねばならないとは思う。

今でも思い出すが、とあるガマ(洞窟)に入った時のことだった。

そのガマは深く、大型のガマで、100名以上が隠れられる場所である、という説明をガイドさんがしていた。

おそらく30m近く潜っただろう。あちこちに地下水が滲み出ており、ひんやりとした空気が漂っていた。

所々動き回る虫、滑る足元、そして暗闇。

最深部まで降りた時、ガイドが電気を消した。

一閃の光もない、まさに漆黒の闇は恐怖そのもので、どこかから死が近づいてくるのでは、と思わされる瞬間だった。

ガマのなかでは、鳴き声をあげる赤ん坊が殺されたりもしたという。

しかも、母親が殺す例もあったという。

食料が不足するなか、必死の思いで産み育ててきた赤ん坊を、自らの手で殺さねばならなかった母親は、どれほど悲しかっただろうか。

子が生まれてくるその日まで、生まれてから、親は絶えることなく子供の成長を心配し
健やかな成長を願い続ける。

そんな親が子供を殺さねばならない地獄が、70年前にあった、という事実は、日本人が忘れてはならず、常に体感していなければならないことである。

日本は海を隔てて中国、ロシア、北朝鮮と対面しており、常に戦争の可能性に晒されている。

こういった国々の対外侵食活動を常に抑えていなければ、いつの日か侵略戦争が起こりかねない。

尖閣諸島や沖ノ鳥島などの離島を狙った動きが活発なのは、こういった国との衝突が現実であることを再認識させられる。

特に中国にとって、太平洋にアクセスする為の航海領域を確保する上でも、これらの離島は軍事上おさえておきたい場所である。

そういった、離島の防衛、という観点からも沖縄は太平洋のキーストーンと言って良い。

また中国、台湾、北朝鮮、日本本土にアクセスしやすい地点にあり、沖縄無くして日本の防衛はなりたたない。

陸海空を統合的に運用する海兵隊にとっても、あらゆるアクセスに恵まれ、温暖な気候であり、島の大きさも適切な沖縄は世界最重要軍事拠点と言えるだろう。

第二次世界大戦時に沖縄で起こった惨劇を、我々日本人は決して忘れてはならない。

そして、平和を祈るばかりではなく、その惨劇をいかに食い止め、効率的に自国を守り、国際社会に協調していくかを考え抜いて、必要な手段を講じていかねばならない。

それが、第二次世界大戦の敗北から立ち上がり、世界第3位の経済大国としてアジアを代表する国の1つである、日本の責務ではないかと思う。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

以下は私が10年ほど前に書いた文章である。 久しぶりにテレビ番組に心を動かされたため書き残す。 とある日、NHKで非常に驚くべき番組をやっていた。その時歴史は動いたで、エタ、ヒニン、そして全国水平社の...   続きを読む »

学園シリーズ 森友学園、加計学園問題が騒がれ始めてから、いったいどれくらいたつだろうか。マスコミや野党は1つの学校を建てる迄のストーリーに火をつけて、線香花火のようにパチパチと火花を弾けさせながら煽り...   続きを読む »

先日、所要にて大阪に行った時の事。 東海道新幹線の普通車指定席を予約し、車両に乗り込んだ。席を探して座ろうとしたところ、3列シートの一番窓際に座っていたおじさんが大量の荷物を網だなに詰め込んでいた。 ...   続きを読む »

先日日経ビジネスを読んでいたところ、松井証券社長、松井道夫氏のインタビューがのっていた。 松井証券はロスカットが厳しく、2chなどで、ひどい叩かれ方をしていた。そんな印象が強かったので、松井社長はどん...   続きを読む »

本to美女なるサイト 一言で言えば、「美女」と称する女性たちが本を紹介するサイトである。 (美人か?と思うケースが多々あったが、とりあえずその点は横においておく)。 このサイトを見たとき、ビジネスの観...   続きを読む »

ページトップへ