【素晴らしい】国立博物館 本館にて【おすすめ】

東館を出て本館に入っていった。

 

 

日本の歴史と世界の歴史の流れが比較されていた。中国の戦国時代は紀元前5世紀、日本は16世紀、実に2000年もの差がある。如何に中国が先進国であり続けたかがわかる。

埴輪の土偶が実に躍動感があって素晴らしい。どわぁつと動きが表現されている。

 

 

青銅の祭器と埴輪。

 

花見をする人たち。

 

仏像に囲まれた仏像。

 

 

 

水墨画。実に枯れた色合いが渋さを引き立てている。白と黒だけでこれほどに高低感、奥行き、広がりを表現できるとはすばらしい。禅の世界観が余すことなく表現されていて、この絵の前に立つだけで気絶しそうになる。

 

釜。茶の湯で使えば実に味わい深い事だろう。茶を楽しみ、会話を楽しみ、部屋を楽しみ、そして茶器を楽しむ。柔らかな丸みと漆黒の黒、ザラりとした表面が光を吸い込みながら、しっとりと黒く、触れば鉄板のごとく、茶器の訴える波動がジュウジュウと伝わってきそうな作品である。

 

耳かきのごとき茶杓。静かに、滑らかに磨き上げられた茶杓のカーブが柔らかく抹茶を掬い取り、湯気の立ち込める茶室にて、抹茶が静かに茶器に注がれる。その柔らかさが茶杓の向こうに見えてくる。

 

 

薙刀と言えば坊主。坊主と言えば信長の野望。

 

 

 

 

実に楽しそうに花見している。いつの時代も花見の楽しさは変わらない。

高貴な人々は糞重い服を着て歩き回っていたのだろうが、肩がこるに違いない。

 

 

 

 

おしゃれは我慢、というのは何年たっても変わらない。

 

こういう顔の女性はいるなーなんて思いながらしげしげと眺めた。

 

みんな大好き大飛出。

 

江戸時代、隅田川の桜。

 

そして仏像。

 

 

 

躍動感あふれる彫刻

 

漆は日本が誇る世界一のペイントである。色合いの渋さ、光を吸い込むような深み、スムーズな艶やかさ、柔らかな手触り。。。

 

日本全国に窯がある。

 

織部焼。

 

そして再び大飛出もどき。

 

能面はなぜこんなに恐いのだろう。

 

こ・・・これは漫画太郎先生の地獄甲子園では。。。

こ・・・これは会社のお局さんでは。。。

 

こ・・・これは鬼嫁?

 

こ・・・怖ぇえ

 

真一文字とはこのこと。

 

 

また真一文字。

 

アイヌの人達の道具。

 

 

アイヌの服。

 

 

アイヌの人。

 

黒曜石。

 

まだまだ続く。平成館へ。

 

土偶が並ぶ。おもむろに並んでいるが、こいつら重要文化財のオンパレード。

 

ふう・・・

 

いい・・・

 

実にいい・・・

 

ここだけで1週間くらいは見れる。いつまでも見ていたい。歴史の向こうに見える果てしない世界に思いを馳せると、当時の人達の生活が生き生きと見えてくるようである。

つづく


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

ぅおろろ あいおー あぃおー ファンなら当然わかるであろうこの掛け声、実に懐かしいゲームだが、20年くらい前にシリーズ第1弾が売り出された時は、まさに革命だったと言っていい。 いそいそ歩いて木苺を収穫...   続きを読む »

必要なことはなんなのか、人間は頭の中では混沌とした状態にある。 それをはっきりとさせるのが、言葉である。言葉を通じて、混沌に筋道を立てる。言葉を介し、思考の限界の先にあるものが目標という言葉だ。 例え...   続きを読む »

以下は私が10年前に書いた文章である。 とある日、経済思想の歴史を勉強していた時のこと。。。 儒教から朱子学が生まれ、朱子学が日本へ伝わり、江戸時代には多事争論を抑えるべく、幕府が寛政異学の禁を発令し...   続きを読む »

3日目:デリーからバラナシへ 朝、ホテルをチェックアウトしてデリーの空港へ向かった。 デリー、アグラ、ジャイプールは車で移動できる距離(5時間くらい)にあるので、ゴールデントライアングルと呼ばれており...   続きを読む »

英国にあるありふれた小売業の一つに過ぎなかったテスコを、英国最大の小売業に育て上げ、世界展開を強力に推し進めたテリー・リーヒ氏の著作。稀代の経営者の言葉に触れたいと思い読んでみた。 書籍名:『テスコの...   続きを読む »

ページトップへ