【素晴らしい】国立博物館 本館にて【おすすめ】

東館を出て本館に入っていった。

 

 

日本の歴史と世界の歴史の流れが比較されていた。中国の戦国時代は紀元前5世紀、日本は16世紀、実に2000年もの差がある。如何に中国が先進国であり続けたかがわかる。

埴輪の土偶が実に躍動感があって素晴らしい。どわぁつと動きが表現されている。

 

 

青銅の祭器と埴輪。

 

花見をする人たち。

 

仏像に囲まれた仏像。

 

 

 

水墨画。実に枯れた色合いが渋さを引き立てている。白と黒だけでこれほどに高低感、奥行き、広がりを表現できるとはすばらしい。禅の世界観が余すことなく表現されていて、この絵の前に立つだけで気絶しそうになる。

 

釜。茶の湯で使えば実に味わい深い事だろう。茶を楽しみ、会話を楽しみ、部屋を楽しみ、そして茶器を楽しむ。柔らかな丸みと漆黒の黒、ザラりとした表面が光を吸い込みながら、しっとりと黒く、触れば鉄板のごとく、茶器の訴える波動がジュウジュウと伝わってきそうな作品である。

 

耳かきのごとき茶杓。静かに、滑らかに磨き上げられた茶杓のカーブが柔らかく抹茶を掬い取り、湯気の立ち込める茶室にて、抹茶が静かに茶器に注がれる。その柔らかさが茶杓の向こうに見えてくる。

 

 

薙刀と言えば坊主。坊主と言えば信長の野望。

 

 

 

 

実に楽しそうに花見している。いつの時代も花見の楽しさは変わらない。

高貴な人々は糞重い服を着て歩き回っていたのだろうが、肩がこるに違いない。

 

 

 

 

おしゃれは我慢、というのは何年たっても変わらない。

 

こういう顔の女性はいるなーなんて思いながらしげしげと眺めた。

 

みんな大好き大飛出。

 

江戸時代、隅田川の桜。

 

そして仏像。

 

 

 

躍動感あふれる彫刻

 

漆は日本が誇る世界一のペイントである。色合いの渋さ、光を吸い込むような深み、スムーズな艶やかさ、柔らかな手触り。。。

 

日本全国に窯がある。

 

織部焼。

 

そして再び大飛出もどき。

 

能面はなぜこんなに恐いのだろう。

 

こ・・・これは漫画太郎先生の地獄甲子園では。。。

こ・・・これは会社のお局さんでは。。。

 

こ・・・これは鬼嫁?

 

こ・・・怖ぇえ

 

真一文字とはこのこと。

 

 

また真一文字。

 

アイヌの人達の道具。

 

 

アイヌの服。

 

 

アイヌの人。

 

黒曜石。

 

まだまだ続く。平成館へ。

 

土偶が並ぶ。おもむろに並んでいるが、こいつら重要文化財のオンパレード。

 

ふう・・・

 

いい・・・

 

実にいい・・・

 

ここだけで1週間くらいは見れる。いつまでも見ていたい。歴史の向こうに見える果てしない世界に思いを馳せると、当時の人達の生活が生き生きと見えてくるようである。

つづく


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

2017年を通じてミサイルを打ちまくった北朝鮮。 打ち込まれる度にJアラートを鳴らしてみたり、抗議してみたりと、騒がしい1年だったが、実に弱腰な対応だと思う。 そもそも、他国が自国の排他的経済水域にミ...   続きを読む »

9月19日、朝7時、映画戦場に架ける橋で有名なカンチャナブリの街にツアー客の一人として出発。 バスは6人乗っていて、第二次大戦に関わるものを見に行くのに、俺以外、皆韓国人という非常に危険な状況のバスに...   続きを読む »

ローマ公認の宗教となり、一時的に分裂の時代を迎えたりするものの、脈々とヨーロッパの歴史に刻まれて行き、その精神を受け継いだ人々が超大国アメリカに渡ったことで世界一の宗教に登りつめましたのです。 ではな...   続きを読む »

前回は家庭用ゲーム機が普及し、プレイステーションが発売されるまでの間に百花繚乱、綺羅星のごとく名作が生まれた歴史を書いた。 プレイステーションが発売されて以来、CDロムという大容量媒体を活用する事で、...   続きを読む »

9月18日、8時40分、トゥクトゥクのオヤジに別れを告げて、バンコクへのフライト。 陸路で丸一日かけて来た道も、飛行機ではたったの一時間だった。到着してタクシーで走る道路は、カンボジアのそれとはあまり...   続きを読む »

ページトップへ