〜仕込みの時〜 2017年12月の有望銘柄物色

2018年1月20日資産運用

最近、ジリジリと上昇する株価の恩恵を受けてジワジワと利益が出てきているが、いま注目しているのが旭有機材。

工業用樹脂、プラスチックバルブの分野でトップシェアを誇り、ニッチ市場で手堅い商売をやっている会社。

売上高は420億円、税後で10億円、総資産550億円となっており、東証一部上場企業の中では小規模な部類だろうが、純資産が約390億円、自己資本比率70%、現預金70億円、と財務基盤は超固い。

しかも、世界の樹脂製バルブのシェア10%を握っており、各種製造業で欠かせない存在となっている。近年ではAI、IOT化の加速により、半導体需要が急拡大しているが、オイル、水、ガスなどの流量調整は精密機器の製造に欠かせない為、同社製品の販売も拡大を続けている。

さらに、PBRも0.8となっており、ニッチすぎて市場からみられてこなかった様子がうかがえる。

同社のIRをみるに、積極的なM&Aで事業領域を拡大するとしており、高シェアななかで稼ぎ出したキャッシュを使い始めんとしている。

また、株主還元の姿勢も打ち出している。旭化成が30%をもっている会社だが、これほどの優良企業であれば、残りの株を買い取って非上場化しても良いのでは、と思ってしまうが・・・旭化成との馴れ初めなども関係しているのかもしれず、旭化成の方針は不明である。

ちなみに流通量が少ない為、株価のフレも激しく、2017年11月頭に1500円くらいから1750円くらいまで、窓を開けて株価が上昇している。

個人の買いでも簡単に株価が飛びやすいので、ゆっくりこっそり、指しながら仕込みを進めたい。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

昨日14時、三井物産が第三四半期決算を発表した。 ・通期税後利益を10%上方修正(4,000→4,400億円)。 ・今期の年間配当を従来計画の60円→70円(前期は55円)に増額修正 ・3000万株・...   続きを読む »

先日日経ビジネスを読んでいたところ、松井証券社長、松井道夫氏のインタビューがのっていた。 松井証券はロスカットが厳しく、2chなどで、ひどい叩かれ方をしていた。そんな印象が強かったので、松井社長はどん...   続きを読む »

世の中にはモリカケ問題で騒いで喜ぶ人たちがごまんといる。日本経済を良くするために何をすべきか考えたり、提言する事もなく、ただただ大騒ぎして国を混乱させている。 彼らは一体何がしたいのかさっぱりわからな...   続きを読む »

何度も話がそれたが、話を本筋に戻そう。 日本経済はバブルかというと、実体経済が伴いつつも、それに上乗せが加わり細マッチョにお肉がついている状態である。 政府としてのベストシナリオはデフレを完全に脱却し...   続きを読む »

資産運用の観点からみるマイホーム いきなり結論から言うが、マイホームを買ってずっと住む、というのは資産運用の観点からはゼロ点である。資産運用において最も意識すべきは、キャッシュを生み出す資産だけが資産...   続きを読む »

ページトップへ