炎上商法から垣間見える、承認欲求 〜上西小百合氏のケース〜

2018年4月15日日本の論点

醜悪

承認欲求の塊

まさにこの言葉がピッタリとくるのが、上西小百合氏であろう。

私は国会議員が不倫していようと、グレーゾーンな選挙活動していようと、高い給料もらっていようと、ハッキリ言って全く問題ないと思っている。なぜなら、政治家は国家の未来を導き、理想とする社会の実現に向けて、あらゆる手を打つべき職業だからである。

間違っても聖職などではない。経済を発展させ、可愛い子供達の為により良い社会を創ること、お年寄りが幸せに暮らせる社会を創ることが仕事である。人気や好感度が重要な芸能人とは根本的に職業の性質が異なる。

だが、残念ながら、政治家がどのような活動をしているかは一般人に見えづらい。また、政治家の活動を測るわかりやすい尺度も存在しないため、人気商売のようになってしまっている。

つまり、政治家の重要な要件が、人気や好感度となってしまっているのである。

そして、人気であり、好感度が高い、となると、そもそも知名度が高くないといけないので、知名度勝負となってくる。

これを逆手に取ったのが、上西小百合氏である。

社会を良くしていく、という政治家の使命を果たさず、政治家であるという肩書きを活かして、炎上政治家として知名度をあげた。そして、今では、炎上政治家として得た知名度を武器に、自信のツイートを意図的に炎上させる事で知名度を保ち、生活のネタとしているのである。

本当に醜悪の一言に尽きる。

このような、社会を良くしていく実力も信念も無い政治家を誕生させてしまう、というのは本当にダメな社会だと思う。だからといって、選挙に行こうとか、お題目を唱えても意味が無い気がする。

大切なことは、

・もっと立候補者のキャラクター含めて有権者に届きやすくすること
・政治家の活動を見えやすくすること
・選挙のハードルを下げること
・有権者が世界に興味を持つこと

などが挙げられるだろう。
そして、これらが達し得ないとすれば、その時こそ一定の年齢の国民全員が選挙権を有する、という前提を否定する時だろう。上西小百合氏の厚塗りされた選挙ポスターを見て、なんとなく投票していては、絶対に日本は良くならない。

では、活動が見えるようになったとしても、その活動が日本の明るい未来に繋がるか、正しく判断出来なければ、適切な政治家を選ぶことは困難である。承認欲求を満たす為に、選挙にでる人達を、弾くことができない。

私はいつの日か、現在の民主主義、すなわち、直接・間接的に一定年齢の国民が政治家を選ぶ時代が終わると思う。そして、その終わりは、世界のどこかで、そのような形態をとって成功した事例があらわれてから始まる。成功、とは例えば国民が働かなくても生きていける社会である。

AIの時代に入り、生産性が上がれば、働かなくても生きていける社会を創ることは可能である。徹底した効率化が求められ、その効率化を主導するのは、優秀な政治家のチームである。

仮に、そういった政治家たちが、働かなくていい社会を作れば、仮に選挙権がなくとも、絶対に国民は納得すると思う。

投票率が30%だったりするこの国ならば、なおさら間違いないだろう。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

2017年を通じてミサイルを打ちまくった北朝鮮。 打ち込まれる度にJアラートを鳴らしてみたり、抗議してみたりと、騒がしい1年だったが、実に弱腰な対応だと思う。 そもそも、他国が自国の排他的経済水域にミ...   続きを読む »

ワールドカップで泣いているサポーターを観ると、いつも気持ちが悪いな、と思っていた。 また、日本が勝ったといって大騒ぎしているのを観ると、嫌悪感を感じていた。 そして、しまいにはサッカーが好き、と言って...   続きを読む »

先日、電車に乗ったところ、カゴに入った犬がワンワン泣いていた。 また、とある日に電車の席に座っていたら、なんか臭かった。 ああっ! 目の前の席にうんこが落ちてる!しかも椅子の上に。。。 と気づいたその...   続きを読む »

最近、原爆投下から3日後の広島で、毎日新聞記者が撮影した少女の身元が73年を経て判明した・・・というニュースが流れた。当時10歳の藤井幸子(ゆきこ)さん(1977年に42歳で死去)という方だったそうだ...   続きを読む »

ページトップへ