『図解 組織・結社』〜Files No.043〜

日本政府、宮内庁、奉行所、大日本帝国海軍、新撰組、警視庁、モサド、忍者、フリーメイソン、農協等の組織や結社を図解し、それぞれにコメントを加えた本(資料集的な編纂)。項目は100にわたる。

書籍名:『図解 組織・結社』〜Files No.043〜
著者名:山北篤
出版社:2014年3月新紀元社
評価:★★★★☆

久方ぶりにワクワクしながら読んだ。世間的に有名な組織がどのような構成となっているかを詳らかにしている。組織のデザインは組織の大小あっても、今手元にある仕事を回す上でも様々な気付きを齎してくれる。

例えば、10名程度のプロジェクトを組成し、それを推進していく上でも、組織を立ち上げる事は必要である。誰に、どんな権限を持たせ、どういう意思決定プロセスとするか、をデザインしていく上で、様々な実例が記載されている本書は極めて示唆に富んでいる。

また、途中のコラムが興味深い。例えば、エリートについて解説している項では、組織の中で指導する立場・もしくはその地位に至るであろう者の事をエリートと定義している。部局でいうとどんな部署がエリートかという記述が興味深く、筆者は「予算」「計画」「人事」の3つだと説く。

実際、政府組織でいえば予算を握る財務省は典型的なエリート組織である。又、一般企業における企画課や総務課と呼ばれる部署は「計画」の部署である。「人事」は正に人事部の事だが、人事を決定する力を持つ準人事組織は企業に必ず存在し、その組織は力を持った組織と言えるだろう。逆に現業部門はエリートの部署ではないと説く。要は営業部局はだいたいにおいてエリート部署ではないのである。

100にわたる組織の説明はもとより、コラムも面白い本書は、正にお勧めの一冊である。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

旅の始まり 学生時代、九月に10日間の休みが出来たので、これを利用して、どこかへ旅行をしようと考えた。 バックパッカーの聖地と呼ばれるパキスタンの町、フンザなどに行きたかったが、休みが短くとても行けな...   続きを読む »

伊豆の老舗、天城荘はバブル時代に10億円を売り上げていたが、どんどん客離れが進んで、3億2000万円の負債を抱えた。 その旅館をリバティー社が買収して再生を始めた。 このストーリーはガイアの夜明けで放...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

近頃、食事をすることに抵抗がある。同じようなものしか食べていないというのが大きな理由。正確に言うと、それぞれ味は違うが、同じように値段の安い外食に飽きたということだ。 どの食事も、一口目はおいしく感じ...   続きを読む »

2ちゃんねる見ていると、時々面白いものが出てくる。そんな内容を公開。 面白い話。。。 なぁ、スレタイとはあんまり関係ないんだけどちょっと聞いてくれよ。 実は6~7年前銭湯で幼稚園ぐらいの女の子に「パパ...   続きを読む »

ページトップへ