『図解 組織・結社』〜Files No.043〜

日本政府、宮内庁、奉行所、大日本帝国海軍、新撰組、警視庁、モサド、忍者、フリーメイソン、農協等の組織や結社を図解し、それぞれにコメントを加えた本(資料集的な編纂)。項目は100にわたる。

書籍名:『図解 組織・結社』〜Files No.043〜
著者名:山北篤
出版社:2014年3月新紀元社
評価:★★★★☆

久方ぶりにワクワクしながら読んだ。世間的に有名な組織がどのような構成となっているかを詳らかにしている。組織のデザインは組織の大小あっても、今手元にある仕事を回す上でも様々な気付きを齎してくれる。

例えば、10名程度のプロジェクトを組成し、それを推進していく上でも、組織を立ち上げる事は必要である。誰に、どんな権限を持たせ、どういう意思決定プロセスとするか、をデザインしていく上で、様々な実例が記載されている本書は極めて示唆に富んでいる。

また、途中のコラムが興味深い。例えば、エリートについて解説している項では、組織の中で指導する立場・もしくはその地位に至るであろう者の事をエリートと定義している。部局でいうとどんな部署がエリートかという記述が興味深く、筆者は「予算」「計画」「人事」の3つだと説く。

実際、政府組織でいえば予算を握る財務省は典型的なエリート組織である。又、一般企業における企画課や総務課と呼ばれる部署は「計画」の部署である。「人事」は正に人事部の事だが、人事を決定する力を持つ準人事組織は企業に必ず存在し、その組織は力を持った組織と言えるだろう。逆に現業部門はエリートの部署ではないと説く。要は営業部局はだいたいにおいてエリート部署ではないのである。

100にわたる組織の説明はもとより、コラムも面白い本書は、正にお勧めの一冊である。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

前回は家庭用ゲーム機が普及し、プレイステーションが発売されるまでの間に百花繚乱、綺羅星のごとく名作が生まれた歴史を書いた。 プレイステーションが発売されて以来、CDロムという大容量媒体を活用する事で、...   続きを読む »

9月17日、毎度都会の喧騒で目覚める旅行も、今日はらしからぬモーニングコール。アメリカンブレックファーストを食べ、シャワーを浴び、最高の目覚め。9時30分に出陣すると、ホテルの前には、トゥクトゥクのオ...   続きを読む »

久方ぶりに神動画を見てしまった。 若いころに、睡眠時間を削ってやりまくったスト2のBGMをオーケストラで再現したもの。 Games & Symphonies Street Fighter 2...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

必要なことはなんなのか、人間は頭の中では混沌とした状態にある。 それをはっきりとさせるのが、言葉である。言葉を通じて、混沌に筋道を立てる。言葉を介し、思考の限界の先にあるものが目標という言葉だ。 例え...   続きを読む »

ページトップへ