坂上探検隊 ~ライオンに咬まれた狩野英考が見せた雄姿~

地上波で流れているものの中では、久しぶりと言っていい。

凄いものを見た。

1月27日に放送されたバラエティ番組「坂上探検隊」(フジテレビ系)で、狩野英考が自撮り棒をもって野生のライオンに近づき、写真を撮るという企画である。

いや、滅茶苦茶すぎて笑ってしまった。自撮り棒を持ってライオンに近づくのだが、明らかに腰が引けているし、息遣いが激しすぎて、いかに恐ろしいかが伝わってきた。

お茶の間で見てると、狩野英考頑張ってるなーとか思うかもしれないが、これ相当に恐ろしいというか気合いが必要な企画である。

だって、ゴミをあさりにくるカラスを追い払うだけでもかなり恐いし、動物園で強化ガラス越しに見るライオンですら恐い。

こんなに凶悪な顔をしている。

常人が近づけるだろうか?死の臭いしか感じないだろう。

参考までに以下を見てほしい。巨大な水牛がライオンに狩られる映像である。

<参考/ライオンに殺られる水牛>

実際、私はライオンが大好きなので、動物園に行って日がな一日ライオンを見ていたことがあるが、見れば見る程凶悪な顔をしている。

というか体が長くてでかいので、とても逃げ切れないし、覆いかぶさられたらどうにもならず、すぐに頸動脈かみちぎられて死ぬだろう。

メスライオンですらこんなに恐い。

被り物かぶってプロテクターつけて近づけるレベルではない。

それがわかるからこそ、今回の番組が如何に凄まじい企画かが伝わってきて、狩野英孝の「ひょうげもの」ぶりが半端ではなく、凄すぎて思わず笑ってしまったのである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

列島改造論を読んだ直後に古本屋で見かけて、思わず手に取ってみた本。 国粋主義者による、ロジック破綻系の想いを書き連ねている本かと思い、中古本屋でぱらっとめくって閉じようかと思ったが、地味に面白くて買っ...   続きを読む »

Smart Newsのダウンロード本数が2500万を突破したそうだ。ラインのダウンロード数が6000万なので、5年間でこれだけダウンロード増やせたのは驚異的である。 確かに読んでいると面白いし、更新の...   続きを読む »

前回は家庭用ゲーム機が普及し、プレイステーションが発売されるまでの間に百花繚乱、綺羅星のごとく名作が生まれた歴史を書いた。 プレイステーションが発売されて以来、CDロムという大容量媒体を活用する事で、...   続きを読む »

先日、紀尾井町のガーデンテラス紀尾井町に入っている三谷に行った。中々予約が取れない店との事でちょっと期待しながら行ってみた。 と言っても当日決まった会食だったので、あまり下調べも出来ず、とりあえず現地...   続きを読む »

サブタイトルと背表紙に惹かれて思わず飛びついた本。世界20カ国で翻訳され全米ベストセラーとも書いてあり、よほど面白い本かと期待していたが、期待が高すぎた分評価が下がった。 書籍名:『はじめの一歩を踏み...   続きを読む »

ページトップへ