坂上探検隊 ~ライオンに咬まれた狩野英考が見せた雄姿~

地上波で流れているものの中では、久しぶりと言っていい。

凄いものを見た。

1月27日に放送されたバラエティ番組「坂上探検隊」(フジテレビ系)で、狩野英考が自撮り棒をもって野生のライオンに近づき、写真を撮るという企画である。

いや、滅茶苦茶すぎて笑ってしまった。自撮り棒を持ってライオンに近づくのだが、明らかに腰が引けているし、息遣いが激しすぎて、いかに恐ろしいかが伝わってきた。

お茶の間で見てると、狩野英考頑張ってるなーとか思うかもしれないが、これ相当に恐ろしいというか気合いが必要な企画である。

だって、ゴミをあさりにくるカラスを追い払うだけでもかなり恐いし、動物園で強化ガラス越しに見るライオンですら恐い。

こんなに凶悪な顔をしている。

常人が近づけるだろうか?死の臭いしか感じないだろう。

参考までに以下を見てほしい。巨大な水牛がライオンに狩られる映像である。

<参考/ライオンに殺られる水牛>

実際、私はライオンが大好きなので、動物園に行って日がな一日ライオンを見ていたことがあるが、見れば見る程凶悪な顔をしている。

というか体が長くてでかいので、とても逃げ切れないし、覆いかぶさられたらどうにもならず、すぐに頸動脈かみちぎられて死ぬだろう。

メスライオンですらこんなに恐い。

被り物かぶってプロテクターつけて近づけるレベルではない。

それがわかるからこそ、今回の番組が如何に凄まじい企画かが伝わってきて、狩野英孝の「ひょうげもの」ぶりが半端ではなく、凄すぎて思わず笑ってしまったのである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

心理学者アドラーの哲学を、哲学者と凡人の対話として分かりやすくまとめた本。取引先から進められて読んでみたがなかなか面白く、色々な人間関係の悩みとか、ふっと晴れるような気がする一冊だった。 書籍名:『嫌...   続きを読む »

ぅおろろ あいおー あぃおー ファンなら当然わかるであろうこの掛け声、実に懐かしいゲームだが、20年くらい前にシリーズ第1弾が売り出された時は、まさに革命だったと言っていい。 いそいそ歩いて木苺を収穫...   続きを読む »

列島改造論を読んだ直後に古本屋で見かけて、思わず手に取ってみた本。 国粋主義者による、ロジック破綻系の想いを書き連ねている本かと思い、中古本屋でぱらっとめくって閉じようかと思ったが、地味に面白くて買っ...   続きを読む »

(写真はイメージです。コラムの異常さを写真で表現したもの) Smart Newsで出会った異常なコラム ある朝、Smart Newsを見ていたところ、「お釣りをキリよくしたがる男はアリ?ナシ? 話題の...   続きを読む »

ネスレ名誉会長が後任のCEOや役員陣、社員や経営に携わる・若しくは志す人々に自らの経営哲学を伝えるべく書いた本を読んだ。 著者名:ネスレ名誉会長 ヘルムート・マウハー 岸伸久訳 出版日:2009年4月...   続きを読む »

ページトップへ