イギリスの床屋に行った時のはなし

長い期間出張をしているとだんだん髪の毛が伸びてくる。海外と言えば中国で洗頭と呼ばれるマッサージにはよく行くが髪を切ってもらった事はない。

(洗頭とは、椅子に座って体勢を起こしたままの状態で頭を洗うサービスのこと。少し濡らして、シャンプーをつけて、ひたすら泡立てながらもみこむのだが、これが絶妙に気持ちよくて癖になる。1回15元≒250円くらいなので、マッサージに行くより断然安く、時間も30分程度ですっきりするので、出張者にはお勧めのサービスである)。

とある出張をしていた時、ヨーロッパ域内を飛び回っていたが、イギリスでもしばらく滞在する事となった。あと1週間はヨーロッパ滞在だが、どうにも髪の毛が長くなったようで、不快でしょうがないので、髪を切りに行くことにした。

リーズという田舎町にいたので、大した美容院もなく、時間も限られていたので、とりあえずその辺の床屋に向かった。

店内にいたのは歌手グループ、ペンタトニックス風の若いお兄さん。

とりあえず2か月分くらい切ってくれ、といったところ、OKOK no problem、と言いながら首にポンチョを巻き始めた。

店内はそんなにきれいじゃないけど、まあそんなにたくさん切らないし大丈夫だろ。と思いつつ、忙しいらしくしばらく始まらなかったので、目をつぶっていた。5分くらい放置されたが、忙しいらしく、他の客をカットしていた。というかほぼ坊主に近い人とか、流行りの横全そりからの七三みたいな感じだった。

と、その時。

こんなのを持って近づいてきた。

隣に坊主のほういくのかと思ったら・・・

待たせてごめん、今から始めるね。

いや・・・それいきなり何?刈り上げとかしないけど?と聞くと、これフツーだから大丈夫、大丈夫、という感じで、ごくいつもの事のようにふるまっていた。隣に座っている七三のお兄さんは意外とうまく切れてたので、まあ任せてみるかと思い、初めてもらった。

うぃーん

ばっ

ばっ

ばりばりばりばりばりばりばばばばっばばばばっば

オッお前、ちょっと待て!

あまりに大きな音に驚いて、頭を無理やり離して止めるまでにかかった時間は5秒。

ヘーイ、ノーウォーリーズ(心配ないよ)

といっているが、私の右側頭部の髪の毛は一気に半分になっていた。

一瞬で2か月分くらいカットするスタイルに恐怖を感じて離れたが、まあこんなもの、と言えるくらいの量カットされていた。

恐ろしいがこれがイギリススタイルと観念して、OK Go ahead、といった。

すると頭をくまなくバリカンで切り、1分程で散切り頭になった。

そして、はさみで切り始めたが、スキばさみではなく、普通の直線に切るハサミでちょきちょき。。。

OK

と言われたとき、そこには30代のわかめちゃんが誕生していた。

前髪はほぼ一直線に近いカーブを描いており、横と後ろは、散切り頭となっていた。

日本であれば、頭頂部は立て気味に、とか言えるのだが、いかんせんそういうオーダーに対応できる雰囲気はない。

後日、海外の日本人プロ理容師に聞いてみたところ、

・ヨーロッパ人は髪が柔らかい人が多い
・しかもカールしているので、ほっといてもフワッとするからスキばさみとかあまり使わない
・色も軽めの茶色とかなので、黒の思い仕上がりをイメージしづらい
・頭の形が卵型の人が多く、ハチが広い日本人の頭の仕上がりを想像できない
・効率重視の店も多いのでシャンプーしなかったりバリカン使って刈る事も少なくない

などなど、なるほどと思わされる理由があり勉強になった。

そして翌日、取引先に爆笑されたのは言うまでもない。。。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

心理学者アドラーの哲学を、哲学者と凡人の対話として分かりやすくまとめた本。取引先から進められて読んでみたがなかなか面白く、色々な人間関係の悩みとか、ふっと晴れるような気がする一冊だった。 書籍名:『嫌...   続きを読む »

4日目: バラナシの朝 この日はこんなスケジュールで動いた。 早朝、ヒンドゥー教徒が沐浴するガンジス川をボートで遊覧。その後、バラナシの観光(火葬場マニカルニカー・ガート、ヴィシュワナート寺院、ドゥル...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

標高4292メートル。太陽は近く、空気は薄い。道は凍り、風が吹き荒ぶ。 とある年の12月、中国雲南省香格里拉県にある、真のシャングリラ(桃源郷)と言われる場所を目指し、旅していた。 合計で4つの都市を...   続きを読む »

バンコクにて 9月13日、バンコク。9時40分くらいに起きる。窓のない部屋に朝はやってこないと思っていたが、壁の薄さはバンコクの喧騒を目覚まし代わりにしてくれる。カンボジアに行くために、VISA発給申...   続きを読む »

ページトップへ