食文化から見える地政学 〜なぜ和食は美味しくて、イギリスの食はなぜまずいのか〜

私は仕事で、旅行で、世界60ヶ国近く旅してきた。

その経験から断言できるが、日本の食文化は世界一奥深い。

食、とは実は非常に漠然とした言葉だが、分解して考えて見ると以下の要素に分けられる。

まず、材料、素材。

そして、素材の配分量を踏まえた調理方法。

更に、食事する際の作法。

また、食器や食事する場所。

これらが複雑に絡み合って、食文化は形成されている。

つまり、食とは材料や料理方法だけでなく、その背景には、その国や地域の精神性や文化が宿っているのである。

これらを鑑みても、和食は、世界で一番奥深いと言っていい。

素材、調理方法、作法、食器や場所など、あらゆる要素がバラエティーに富んでおり、何より全てが和食の精神性によって深みを増しているからである。

和食の精神性とは、例えば熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、といった懐石料理の考え方にも現れているような、新鮮さを重んじる精神が挙げられる。

熱いとか、冷たい、というのはモノの一瞬のあり姿を指している。

一瞬を大切にする、という考え方は、武士道として日本に根ざしている考え方である。

現代でも、日本人は桜が大好きである。散り際が美しく、一瞬の命を燃やしている姿に、自分の命を重ねて見るからこそ、桜は美しい。

日本人は知らぬ間に、そういう感性を身につけており、食文化にもこの感覚が根付いているのである。

また、一瞬を大切にする、という感覚は、四季の重視にも繋がっている。

実は四季がある国は、世界に意外なほどに沢山あるのだが、日本人ほどに四季を楽しみ、食においても季節性を重視する国民はいない。

更に、これも桜の散り際と通じる話だが、自らの主張を抑え、人々と協調し、自然と共に生きる、というのが日本人のアイデンティティとなっている。

このアイデンティティが、ダシを基調とした料理にあらわれている。

和食はこういった、奥深い精神性が根底にある。

そして、この精神性のもと、多種多様な食材が和食を和食たらしめている。

日本人は近海魚、遠洋魚、淡水魚、とありとあらゆる魚を食べる。

また、貝やワカメなどの海産物も食べ尽くす。

また、日本には緑豊かな山があり、山菜などの山の幸が果てしなくある。

こうして、深い精神性と豊かな食材が混ざり合って、和食は非常に豊かな食文化となったのである。

更に、地理的な要素は、食材を豊富に提供してきただけではない。

日本は山、川、谷、海、湿地などで構成されており、地理的な分断が起こりやすい。

つまり、愛知など海沿いの街ではシーフード、長野などでは山菜などの山料理が花開いた。

そして、各地域の食文化が京都に集結し、京都文化として和食の基礎となっていった。

また、単身赴任者が膨大に江戸に集まった江戸時代には、天ぷら、そば、すし、などのファーストフード文化が花開いていった。

こういった要素が複雑に絡み合って、和食は世界一奥深い食文化となっているのである。

話が長くなったが、食がまずいと言われる代表のイギリスではどうだろうか。

まず、イギリスは真っ平らに近い。イギリス北部のスコットランドは1000m級の山が連なっているが、イギリスの大部分はほぼ平坦である。

これにより、食材はジャガイモやニンジンなどが主で、地形の複雑さがうむ食材がほとんどない。

山の幸なんて存在しない。イギリス人は500mの丘を指して山というくらいである。

こんな環境なので、街ごとの食文化の違いも極めて少ない。

また、イギリス周辺の海は魚のバラエティが少ない。

日本海などは、潮流によりプランクトンが豊富で、様々な魚が取れるが、イギリス周辺では美味しく食べられて、取りやすい魚が多くない。

こういった地理的な要素に加え、常に気候が冷涼というのも食の変化の乏しさに影響を与えている。

四季らしきものはあるが、日本ほどにダイナミックな四季はない。草木は枯れる、というよりも、冬になったらちょっと茶色になって、夏になったら緑になる感じである。

日本のように、夏に広葉樹がボウボウに生える感じではない。

このような環境において、食を楽しむという感覚は育まれにくい。

更に、中世ヨーロッパを通じて、西欧の食文化の中心地はパリだった。肉、野菜、魚がバラエティに富んでおり、貴族たちはスープからはじまるフランス料理を産み育てていった。

一方、イギリスではフランスと戦争が続き、フランスへの反感もあった上、上流階級が質素な暮らしをしていたなどの理由もあり、宮廷や貴族たちのあいだで食文化が育たなかった。

このようにして、イギリスにはフィッシュ&チップス、うなぎのゼリー寄せ、ヨークシャープディングなどといった名物料理しかないのである。

と、ここまで書いて、和食を礼賛してイギリス料理をけなしたいのが、本文の趣旨かというとそうではない。

実は日本人が世界に誇る和食も、好みに過ぎず、世界一うまいかどうかは、食べ手次第なのである。

これは実話だが、イギリス人を日本で接待していたときのこと、トンカツ、しゃぶしゃぶ、鉄板焼き、天ぷらなどを振舞っていた頃は喜んで食べていた。

しかし、1週間たって、寿司、刺身、懐石、あたりを食べさせてみたところ、喜びが陰ってきた。

そいつの奥さんにこっそり話を聞いてみたところ、日本食は美味しいけど、ホテルの朝食で出てくるベイクドビーンズが一番だね!とボヤいていたとのこと。

また、インド人を接待した時は、カレーが食べたい、と繰り返しいうので、日本が誇るCoCo壱番屋に連れていったところ、カレーが甘すぎるとのこと。

そして、和食を食わせると、味が薄いらしく、醤油をかけたりソースをかけたりしていた。

彼らは小さい頃からスパイスたっぷりで育っているため、強い香りや味でないと、おいしいと感じないということを痛感した。

このように、人は育ってきた環境によって、美味しいと感じるものが大きく異なる。そして、一度美味しいと感じる感覚が育ってしまうと、それは後天的には中々変わらない。

私は、1ヶ月塩気のある食べ物を食べない、という人体実験をしたことがあるが、実験の直後にカップラーメンを食べると塩辛くてとても食べれなかった。

長い時間をかけて慣れていくもの、それが食であり、美味しさは万国共通ではない。

私は世界を旅していた時、1つの国には必ず美味しい料理が3つはある、という言葉を聞いた。

これは真理だと思う。

どんなに舌が慣れていなくとも、まずいと有名な料理でも美味しいものが3つはある。

それを探そうという心持ちで、その国に接し、食文化を知ることが、世界を知ることになるのではないだろうか。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

3日目:デリーからバラナシへ 朝、ホテルをチェックアウトしてデリーの空港へ向かった。 デリー、アグラ、ジャイプールは車で移動できる距離(5時間くらい)にあるので、ゴールデントライアングルと呼ばれており...   続きを読む »

1日目:成田からデリーへ 成田からデリー行きのJALに乗る。今回もコストを抑えてエコノミーでの旅となったが、JALが機材を新しくしており、ANA以上に快適な事に驚きながら、空の旅を楽しんだ。 私は40...   続きを読む »

以下は私が10年前に記述した文章である。 朝、慌しく起こされた。すぐに着替えて家を出る準備をと伝えられた。普段と違う母の形相に、いささかとまどいながら、服を着て、荷物をまとめすぐに下へと降りた。下に下...   続きを読む »

心理学者アドラーの哲学を、哲学者と凡人の対話として分かりやすくまとめた本。取引先から進められて読んでみたがなかなか面白く、色々な人間関係の悩みとか、ふっと晴れるような気がする一冊だった。 書籍名:『嫌...   続きを読む »

(写真はイメージです。コラムの異常さを写真で表現したもの) Smart Newsで出会った異常なコラム ある朝、Smart Newsを見ていたところ、「お釣りをキリよくしたがる男はアリ?ナシ? 話題の...   続きを読む »

ページトップへ