企業分析〜人手不足解消の為のサービス会社〜

2018年1月20日資産運用

昨今、人手不足が著しくなってきており、それを解消する為のツールを提供する会社が雨後の筍のように勃興している。

例えば、その先陣にはラクスルやマネーフォワードなどがいる。マネーフォワードはフィンテックも絡む為、人手不足解消に留まらない広がりが見えてくる。

今は雨後の筍のように企業が勃興しているが、そのうちこういったサービスの分野においても、寡占化が始まるのは間違いない。

なぜなら、それが資本主義の原点だからだ。より効率的に、大規模に事業を運営できる会社が小規模な企業を圧倒する。

特にIT投資は初期の段階では1億円足らずであり、個人でもできるレベルだが、市場を寡占化するレベルの投資となると、大企業でなければなし得ない。

よって、こういった先端分野においても、寡占化の核になる企業を見つけることが肝要となる。

だからといって、ソフトバンクがいっぱい買収しているからソフトバンクを買う、という単純な発想ではなく、ニッチな世界で大資本化していく企業を狙うべきだろう。

そして、最終的にその会社がソフトバンクに買われるとすれば、その会社の株価上昇によるメリットに加えて、最後にソフトバンクに買収される、というおまけもついて、テンバガーが狙い売るのである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

世界情勢が不透明感を増している。トランプ大統領が率いるアメリカ経済は好調ながらも、米国債の長期金利が3%前後で推移しており、いつ金利上昇によるインパクトが為替や世界の株価に波及するかわからない状況にあ...   続きを読む »

        パシッ!           \“^’/         ∧∧ ∩  L         (`・ω・)/        ⊂  ノ            (つノ...   続きを読む »

サブタイトルと背表紙に惹かれて思わず飛びついた本。世界20カ国で翻訳され全米ベストセラーとも書いてあり、よほど面白い本かと期待していたが、期待が高すぎた分評価が下がった。 書籍名:『はじめの一歩を踏み...   続きを読む »

資産運用の観点からみるマイホーム いきなり結論から言うが、マイホームを買ってずっと住む、というのは資産運用の観点からはゼロ点である。資産運用において最も意識すべきは、キャッシュを生み出す資産だけが資産...   続きを読む »

今の日本経済につき第一回にて説明下通り、 ①日銀によるマイナス金利導入、 ②日銀による大量の紙幣の発行、 ③官主導による株式買い入れ によりバブルに近い状態がうまれていることはご理解頂けたであろう。 ...   続きを読む »

ページトップへ