ビジネスクラスのウェルカムドリンクって、いらなくない?

2018年1月20日処世術

ビジネスクラスに乗ると、いつも必ず、シャンパンとオレンジジュースが出てくるが、あれは何なのだろうか?

私はANA派なので、毎回この組み合わせが出てくるが、出て来るたびに、いりません・・と答えている。

そもそも、フライト中は勉強したり、趣味の本を読んだり、ブログ書いたり、仕事する絶好のチャンスなわけだが、いきなり酒を飲んだらダウナーな感じになってしまう。

かといってオレンジジュースは糖質が高くて太る。

しかもロングフライトだと、口の中に糖分が残る感じがして好かない。

この組み合わせより、ペットボトルの水を配った方がよほど良い気がするが、毎回出てくるので、いつも不思議に感じている。

ちなみに、ビジネスに乗るときは社用で乗るだけで、プライベートではエコノミーに乗ることが多い。

ビジネスのチケットは買えなくもないが、サラリーマンにとっては高すぎる。

ヨーロッパ往復40万円とか、プライベートで買ったこともあるが、ちょっと無駄な支出だったと後悔している。

エコノミーの3列シートの間を抜く形で2人で予約して、真ん中に人が来なければ、横になって寝る、というオツな乗り方もある。

あと、頻繁に飛行機に乗っているせいか、席がいっぱいなのでビジネスにどうぞ・・・

ということも時々ある。

耐えられない時はマイルを使ったり。。。

まあ、マイレージがどうのとか、せせこましいこと言わなくて済むよう、早く資産運用とかを頑張って億り人にならねば、と思う今日この頃でした。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

イギリスはインドから今でも尊敬され、慕われている国である。 1800年代ごろより、インドはイギリスに植民地として支配され、多くの人々が強制労働させられたり、自由を奪われたりしたにも関わらずである。 そ...   続きを読む »

職場は、プライベートの自分とは別の人格で過ごす場所、という人も多いだろう。 気持ちを殺し、上司や取引先に頭を下げ、愛想笑いする事もあるだろう。 その姿を、あなたは子供に見せられるだろうか? 子供は親の...   続きを読む »

12月11日、師走の町を足早に歩く人々の群れに紛れ、池袋に立っていた。 クリスマスモード全開のこの場所では、青いツリーとカラフルなツリーが東口を彩っていた。全国二位の乗降率を誇るこの駅は、付近の混み具...   続きを読む »

最近大企業で出世していく人間を見るにつけ、その出世のカラクリが実にシンプルなものだと感じる。まず何よりも、上司の言うことをハイハイと言って従う。イエスマンであること。 創造性とか剛腕とかあまり関係なく...   続きを読む »

先日埼京線に乗車していた時のこと・・・。 俺は電車に乗った。かなり早い時間に乗車したが、車内はぎゅうぎゅうの状態だった。俺が乗って一駅過ぎた。次の駅で人がたくさん乗ってきた。二人のオヤジが入ってきた。...   続きを読む »

ページトップへ