ビジネスクラスのウェルカムドリンクって、いらなくない?

2018年1月20日処世術

ビジネスクラスに乗ると、いつも必ず、シャンパンとオレンジジュースが出てくるが、あれは何なのだろうか?

私はANA派なので、毎回この組み合わせが出てくるが、出て来るたびに、いりません・・と答えている。

そもそも、フライト中は勉強したり、趣味の本を読んだり、ブログ書いたり、仕事する絶好のチャンスなわけだが、いきなり酒を飲んだらダウナーな感じになってしまう。

かといってオレンジジュースは糖質が高くて太る。

しかもロングフライトだと、口の中に糖分が残る感じがして好かない。

この組み合わせより、ペットボトルの水を配った方がよほど良い気がするが、毎回出てくるので、いつも不思議に感じている。

ちなみに、ビジネスに乗るときは社用で乗るだけで、プライベートではエコノミーに乗ることが多い。

ビジネスのチケットは買えなくもないが、サラリーマンにとっては高すぎる。

ヨーロッパ往復40万円とか、プライベートで買ったこともあるが、ちょっと無駄な支出だったと後悔している。

エコノミーの3列シートの間を抜く形で2人で予約して、真ん中に人が来なければ、横になって寝る、というオツな乗り方もある。

あと、頻繁に飛行機に乗っているせいか、席がいっぱいなのでビジネスにどうぞ・・・

ということも時々ある。

耐えられない時はマイルを使ったり。。。

まあ、マイレージがどうのとか、せせこましいこと言わなくて済むよう、早く資産運用とかを頑張って億り人にならねば、と思う今日この頃でした。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

実に興味深い一面広告が日経新聞に掲載された。 Godivaが「日本は義理チョコをやめよう」と訴えた広告を出したのである。曰く、チョコを贈る、というのは贈られる人だけでなく、寧ろ贈る人の気持ちが大切であ...   続きを読む »

テレビ、ゲーム、東京カレンダー、不要なニュース・・・これらは全て人生の時間を奪って行く。 これらには、自分で考える、という行為が介在しづらい。 例えばテレビ。 テレビは一家に一台あるのが当たり前で、リ...   続きを読む »

日本では、やたら価値が高い存在として扱われているキャビンアテンダント、女性が多かった時代のいわゆるスチュワーデスだが、憧れる前に冷静になった方がいいだろう。 その昔も昔、1960年代、憧れのハワイ、と...   続きを読む »

日本では大卒・大学院卒の学生が卒業の1年前くらいに一斉に就職活動する。 日本では一度入社したら、給料が徐々に上がり、50歳過ぎた頃から企業年金や退職金がもらえるというインセンティブもついており、容易に...   続きを読む »

平均年収ランキングをみて、給料が高い会社というのはなんとなくわかる。 実際、給料が高い会社は間違いなく高いし、役員クラスにもなればもっと高くなる。 それでは実際どれくらいもらうイメージなのだろうか? ...   続きを読む »

ページトップへ