ご挨拶

2018年1月20日サイトについて

今月、リーマンブラザーズポータルを開設しました。

2008年にリーマンブラザーズが破綻し、世界で沢山のサラリーマン達がリストラされました。

会社に切られまいと必死だった人、無念にも仕事を失った人、生き残って会社で偉くなっていった人・・・いろいろあったと思いますが、サラリーマンは企業にしがみつくのではなく、危機の時こそ他から声がかかるような人材を目指すべきだと思っています。

更に、企業に属さずとも生きていける経済的な自由を手に入れ、リストラも怖くない、そんな環境を作るべきだと思います。

会社の命に従いながら、日々の給与を稼ぎ、家族を養い、ローンを背負うサラリーマンたちが多いですが、その生活もやり方次第でQOL(Quality of Life)が大幅に改善し、むしろ充実しながらも安定したポジションを確保できます。そんな生き方を共有する為にも本サイトを開設しました。

~サイト名の由来~
サイト名に「リーマンブラザーズ」とありますが、これはリーマンの同志たちが有益な情報を得られるように情報発信していきたいという思いを込めて名付けました。

そして、いつの日か、私だけでなく、色々な面白い考えや思いを持った日本のサラリーマンたちが、ぜひとも当ブログ上で記事を書いてみたいと思えるようなレベルのサイトにし、サイトがあらゆる角度から情報発信していけるよう「ポータル」を加えました。

これらを合わせて「リーマンブラザーズポータル」としました。皆様のお役に立ち、知的好奇心を掻き立てられるような情報を集め、ポータルサイトのように人々がアクセスするサイトになればと思っております。

サイトともども、今後、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

(尚、過去散り散りになっていたブログを1つに集約しましたので、就職活動の文章などが今年の日付で掲載されている場合がありますが、悪しからずご了解ください)。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

2018年3月19日(月) ここ1年で最も地合いの悪い日々が続き、保有している株が毎日盛大に下げている。毎日毎日下げ続けて、ちょっと上がったら大きく下げる、という展開で、自然と気持ちが沈んでくる。 こ...   続きを読む »

時々アップしている書評ですが、満点を5つ星として評価しています。評価基準は以下の通りです。 私は一日中本屋にいても飽きないタイプの人間ですので、毎日本を読んでいますが、出来る限り厳選してご紹介してまい...   続きを読む »

段々とオリンピックが近づいてきた。過去の他国におけるオリンピックを例に挙げながら、株価や不動産価格はオリンピックに向けてピークを迎えるといった論調で語られる事がある。 また、株や不動産投資家と話してい...   続きを読む »

ページトップへ