エイジオブエンパイア4〜世界最高のリアルタイムストラテジー〜

ぅおろろ あいおー

あぃおー

ファンなら当然わかるであろうこの掛け声、実に懐かしいゲームだが、20年くらい前にシリーズ第1弾が売り出された時は、まさに革命だったと言っていい。

いそいそ歩いて木苺を収穫する街の人

走り回るガゼル

穀倉をクリックした時の太鼓の音

全てが絶妙な世界観に彩られており、どハマりしたものだった。

早く重装歩兵の姿をみたいと思いながら、畑を張って、簗で魚をとって、収穫して、街を発展させて・・・

なんてやっていると、上半身裸の弓兵がやってきて、邪魔するのがウザくて堪らない、なんてのはよくある話。

特に、本シリーズの第2作はオンライン対戦の草分け的存在で、それはもう毎日PCに張り付いては、猿のようにゲームに熱中したものだった。

当時、ISDNの時代だったため、通信が途切れたり、繋がりにくかったりしたが、あらゆる知恵を尽くして、オンライン対戦に励んでいた。

その当時、もっとも熱かったのが 流血の城郭 というMODで、友人達を集めては徹底的にやりつくした。

朝鮮最強説があった一方で、実はヒットポイントが高いフンが最強、なんて声も上がりながら、自動で選ばれる文明に一喜一憂していた。

個人的には射程距離が長いブリトンが大好きだったが、ブリトン対朝鮮だと、高いヒットポイントと棍棒のような矢にバタバタと倒されて、物の哀れを感じたものだった。

1日長い時で24時間、食事をせずにぶっ通してやっていた。週24時間はやっていたので、おそらくゲームし続けた6年間で丸300日ぐらいはこのゲームに捧げていたのではないか。

この冬、そんな名作のリバイス版が発売になる・・・と思ったら、発売が1年も先に延期されてしまった。

いきなり1年も延長というのは、何かクリティカルな問題が発生したに違いないが、ファンとしてはただただ、待ち遠しいばかりである。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

先日、紀尾井町のガーデンテラス紀尾井町に入っている三谷に行った。中々予約が取れない店との事でちょっと期待しながら行ってみた。 と言っても当日決まった会食だったので、あまり下調べも出来ず、とりあえず現地...   続きを読む »

標高4292メートル。太陽は近く、空気は薄い。道は凍り、風が吹き荒ぶ。 とある年の12月、中国雲南省香格里拉県にある、真のシャングリラ(桃源郷)と言われる場所を目指し、旅していた。 合計で4つの都市を...   続きを読む »

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

近頃、食事をすることに抵抗がある。同じようなものしか食べていないというのが大きな理由。正確に言うと、それぞれ味は違うが、同じように値段の安い外食に飽きたということだ。 どの食事も、一口目はおいしく感じ...   続きを読む »

人間交差点とは バブル世代を生きたサラリーマンたちなら読んだことがあるかもしれないが、矢島 正雄作、 弘兼 憲史 画の漫画、『人間交差点』を紹介したい。 最近コンビニでも1冊300円位で売っていて懐か...   続きを読む »

ページトップへ