プノンペンからバンコクへ

9月18日、8時40分、トゥクトゥクのオヤジに別れを告げて、バンコクへのフライト。

陸路で丸一日かけて来た道も、飛行機ではたったの一時間だった。到着してタクシーで走る道路は、カンボジアのそれとはあまりにも違いすぎた。高速を走るタクシーの車窓からは、高層ビルが林立しているのが見える。

カオサンロードにて

東京と変わらない街を走りながら、快適な反面、どこか少し、寂しい気がした。タイの誇る安宿カオサンロードにて宿を探し、しばらくうろつく。翌日のツアー予約などを済ませ、ホテルに荷物を置きに行く。アジアホテルという準高級の代表格のようなホテル。室内は良くも、悪くもない。

ホテルに着くと、スコールが始まったため、ホテル内のサウナで時間をつぶす。一時間100バーツ(300円)なり。サウナに入るのが大好きな俺にとって、ホテルにサウナがあるのはうれしすぎた。

すっきり爽快になり、バンコク市内で飲んだ。
そして、翌日カンチャナブリに行く予定有った為、早めに眠りについた。

下の地図は、今回の旅行のルート。成田→バンコク→アランヤプラテート→ポイペト→シェムリアプ→プノンペン→バンコク→カンチャナブリ→バンコク→成田


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

久しぶりにワクワクする一冊を読んだ。本屋の隅のほうに押し込められるように置いてあったが、是川銀蔵という名前に反応して読んでみた。 評価:★★★★★ いうなれば、この本は一人の男の冒険譚と言ってもいい。...   続きを読む »

標高4292メートル。太陽は近く、空気は薄い。道は凍り、風が吹き荒ぶ。 とある年の12月、中国雲南省香格里拉県にある、真のシャングリラ(桃源郷)と言われる場所を目指し、旅していた。 合計で4つの都市を...   続きを読む »

必要なことはなんなのか、人間は頭の中では混沌とした状態にある。 それをはっきりとさせるのが、言葉である。言葉を通じて、混沌に筋道を立てる。言葉を介し、思考の限界の先にあるものが目標という言葉だ。 例え...   続きを読む »

私は仕事で、旅行で、世界60ヶ国近く旅してきた。 その経験から断言できるが、日本の食文化は世界一奥深い。 食、とは実は非常に漠然とした言葉だが、分解して考えて見ると以下の要素に分けられる。 まず、材料...   続きを読む »

1日目:成田からデリーへ 成田からデリー行きのJALに乗る。今回もコストを抑えてエコノミーでの旅となったが、JALが機材を新しくしており、ANA以上に快適な事に驚きながら、空の旅を楽しんだ。 私は40...   続きを読む »

ページトップへ