自営業者の最後

以下は私が10年前に記述した文章である。

朝、慌しく起こされた。すぐに着替えて家を出る準備をと伝えられた。普段と違う母の形相に、いささかとまどいながら、服を着て、荷物をまとめすぐに下へと降りた。下に下りるエレベーターの中で、父は無言だった。母は血の気の引いた顔をしていた。眉間には、深いしわがよっていた。

エレベーターが下につき、荷物を引きずりながら駐車場へと向かう。そこには数名の社員がいた。立体駐車場に入り、車が出てくるのを待った。その間、駐車場から外に出てみて、ガラス越しに、会社の中を見たとき、すべての事態が飲み込めた。

社内は荒れ果て、書類が床に散乱し、そこかしこにガムテープが貼り付けてあった。昨日まで陳列されていた商品も、無様に転がっていた。ひざの力が抜けそうになった。全身が硬直すると同時に脱力する、そんな体験したことのない感覚が襲った。

親戚が到着した。血色が失われ土色の顔になっていた。茫然自失として、荒れ果てた社内を見ながら立ち尽くした。それを見ながら、自分もまた立ち尽くし、如何程の時間が経ったのかもわからないほど、自分が自分ではなかった。

不意に、手をつかまれ、車に乗るようにと促された。気を取り戻し、すぐに車へと向かった。そして、荷物で狭くなった車内に乗り込み、車はすぐに発進した。市内をスピードを上げて走る車内で、ぼんやりと車窓を見ながら、今起こっている事を理解しようとしていた。

父は無言だった。ただ、ハンドルを握り、車を走らせていた。いつもと変わらない顔で。母は血の気の引いた顔で、未来が閉ざされた事を感じながら、不安を通り越した感情に支配されていた。姉もまた、不安に満ち満ちた眼差しで、じっとフロントガラスを見つめていた。

一人、状況を飲み込めていない様子の妹は、皆の感情の動きを察して、自分もまた不安な気持ちに包まれるとともに、何が起きたのかを聞きたそうな顔で、ただ座っていた。

今、未来はなくなった。完全になくなった。他の誰にとっても変わらない日常であるが、変わらない日常が過ごせると思っていた自分達にとって、変わりすぎた日常の訪れだった。

未来は、ない。想像の中にこそ存在する。知らぬ間に、その想像を誰もが育てる。環境から、人の言動から、書物から。外から入ってきた、自分の創造物ではない情報と知恵のかけらが組み合わさって、未来が出来る。

創り上げた未来は、この瞬間を変える力を持つ。人を動かす。喜びを感じさせ、悲しみを生む。未来、それ自体に意味があるわけでもないのに、思う未来を達成できないと知ると、無念を感じる。

過去の行動や言動を悔い、無念に思う事を後悔という。ならば、一瞬で過去に変わる未来、その未来が変わることで生まれる無念もまた、後悔ではないだろうか。過去も未来も火花のように一瞬で変わり行く。その狭間に今がある。

いやむしろ、過去も未来も今もなく、すべては火花だろう。だからこそ、ただ黙して、火花のごとくいればいい。線香花火を間近で見れば、よくわかる。はじける光が集まって、消えて落ちる。ただ、それだけの事だ。

以上


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

これは、第二次世界大戦下の日本を描いた、スタジオジブリの映画、「火垂るの墓」のワンシーンである。 火垂るの墓は、海軍士官の父親を戦場で亡くし、空襲で母親を亡くした、兄と妹が、必死に生きていく姿を描き出...   続きを読む »

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」 これは学問ノススメの冒頭で取り上げられており、日本人なら誰もが知っている福沢諭吉の名言である。そして、人間は誰しも平等だ、といった話をするときに引用される...   続きを読む »

9月19日、朝7時、映画戦場に架ける橋で有名なカンチャナブリの街にツアー客の一人として出発。 バスは6人乗っていて、第二次大戦に関わるものを見に行くのに、俺以外、皆韓国人という非常に危険な状況のバスに...   続きを読む »

国立科学博物館で開催されている人体の不思議展を見れなかったものの、国立博物館で開催されているアラビアの道を見に行くことにした。 そしてわずか5分で博物館に到着。 チケットカウンターで聞いてみたところ、...   続きを読む »

必要なことはなんなのか、人間は頭の中では混沌とした状態にある。 それをはっきりとさせるのが、言葉である。言葉を通じて、混沌に筋道を立てる。言葉を介し、思考の限界の先にあるものが目標という言葉だ。 例え...   続きを読む »

ページトップへ