①今の日本経済ってバブルなの?

2018年1月20日資産運用

今の日本経済はバブルかどうか。こういう質問を受けることは少なくない。

そもそも、バブルとは何かといえば、経済が実態・実力以上に加熱している状態で、泡のように膨らんでいる状態だろう。つまり、膨らんだ後にパチンと弾ける、というのがバブルといえよう。

では日本経済はバブルなのか?答えはある意味イエスだろう。

理由は国内と海外でそれぞれ1点ずつ挙げられよう。

まず、国内では政府が経済コントロールに関与し過ぎている、という点である。

経済に対して国が取れる政策というのは意外と限られている。その主な政策のうちの二つが、

①金利の操作
②紙幣の供給量のコントロール

である。

日銀が黒田総裁の時代に入ってから、マイナス金利を導入し、お金をじゃんじゃん刷った。

当ブログの読者は解説不要と思うが、一応説明しておく。

まず、①の金利操作についてだが、中央銀行である日銀が金利を上げると、市中の銀行である三菱東京やみずほなどは貸し出し金利を上げることとなる。

彼らは日銀からお金を調達しており、その金利が上がれば、貸し出し金利を上げざるを得なくなる。

金利が上がると、一般企業はお金が借りづらくなり、お金を借りなくなり、世の中に出回っているお金の回転スピードが下がったりする。つまり、経済に主にマイナスインパクトが現れやすいのである。

一方、金利を下げると一般企業がお金を借りやすくなり経済が活性化されると言われている。

次に②のお金の量のコントロールとはイメージしやすいだろうが、紙幣を発行したり、減らしたりすることで経済にアプローチする方法である。

黒田総裁になって以来、金利をマイナスにして、金をじゃんじゃん刷った。中央銀行としてできることははっきりいってこれぐらいなのだが、もう一つ日本政府は禁じ手とも言える手を打った。

株の購入である。

厚生労働省所管の「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)による株式購入と、日銀による上場投資信託(ETF)購入を合わせると約40兆円にのぼり、日本の上場株式時価総額約500兆円のうちの8%が国によって買われていることとなる。

以上、日銀による①マイナス金利導入、②紙幣の増刷、そして官主導による相場の下支え、によって株式相場は上昇を続けている。

海外に目を向けると、日本の最大の得意先であり、世界経済の中心であるアメリカもじゃんじゃんお金を刷りながら、低金利を続けている。

しかもヨーロッパ各国も同様の政策をとっている。

溢れるお金は行き場を探して新興国を駆け巡り、官製相場によって下支えされた日本市場にも流入しているというのが実態である。

これらの要因から、日本経済はバブルに近い状況といえよう。

ちょっと話が長くなりすぎたので一旦切る。日本経済の実態と今後の日本経済の展望については次回。


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

最近、不動産のオーナーとして賃貸付けをしていると、賃借り人の個人情報に触れる事が少なくない。当然、賃借り人本人だけでなく、保証人の親の個人情報も見る事になる。それらの情報を見るにつけ、家族の絆、希望に...   続きを読む »

世の中にはローンを組んで死んだら返せる、と言いながら必死に会社にしがみつくサラリーマンがごまんといる。 わたしから言わせれば、ローンを組んでいるサラリーマンはローン会社の奴隷である。そして、高い物件を...   続きを読む »

久しぶりにワクワクする一冊を読んだ。本屋の隅のほうに押し込められるように置いてあったが、是川銀蔵という名前に反応して読んでみた。 評価:★★★★★ いうなれば、この本は一人の男の冒険譚と言ってもいい。...   続きを読む »

最近、不動産投資の検討を進めており、色々な仲介業者に会う機会がある。業者に会うたびに、説明される内容に違和感を感じる事がある。どの業者も一様に、それ常識でしょ、みたいな顔をして説明してくるのだが、どう...   続きを読む »

今の日本経済につき第一回にて説明下通り、 ①日銀によるマイナス金利導入、 ②日銀による大量の紙幣の発行、 ③官主導による株式買い入れ によりバブルに近い状態がうまれていることはご理解頂けたであろう。 ...   続きを読む »

ページトップへ