3月9日(金) ブラックマンデー戦記

2018年3月9日資産運用

2018年3月9日(金)

3月5日(月)、決算ギャンブルagainということで赤ちゃん用品を取り扱っている、ピジョンを3000株、1300万円分買った。実は前から幾度か売買していた為、非常に堅調な業績で推移している事はよくわかっており、決算が良い事は明らかだと思っていた。

但し、クリヤマホールディングス同様、決算が好調であっても、コンセンサスが異常に高くて、それに届かない事によって株価が暴落するリスクもある。故に、眠れぬ思いで震えながら3000株を買った。

NYダウは3月2日(金)に24250ドル台だったが、24900台迄戻してきており、3月6日の朝起きてみてみると、引続き堅調に推移していた。滅茶苦茶悪い地合いながらも、徐々にNYが戻しつつある地合いになっていた。

そして、8時30分、まだまだ板が薄く様子見の感が強かったが、8時45分くらいから買い札が入り始めて株価が前日を超えていく。

9時、3分くらい経過してから+2.8%くらいでスタートした事で一安心。その後じりじり上がっていったが、欲をかかずに約30万円のプラスで売却完了。

プラスになった分で三井物産の信用分を現引き。

3月7日(水)、クリヤマホールディングスがズルズル下げて現物で大きくマイナスが出つつあったが、これほど下がってくるとお得感が凄いので、2200円を下回ったところで拾い集め開始し、900株を信用で仕込んだ。

3月9日(金)、クリヤマホールディングスが2300円を一気に超えてきたので、とりあえず2300円で信用分は手堅く全株売却。9万円程で大した利益ではないが、振り返ってみれば、元々投資用に確保した現金がほぼ無傷でいるのは、こういった利益を2017年にコツコツと積み上げていった結果である。

よって、増減が激しい今だからこそ、コツコツと利益を集めて大きな変動にも耐えられる状況にしておきたい。そうすれば、±ゼロでも、配当分だけで年間50-100万円の利益が出せる。今信用もふくめれば三井物産だけで、750万円、配当額だけで25万円位になる。

尚、現在のポートフォリオは以下の通り。含み損も出てきたが、今の地合いはむしろ攻めの環境にあると判断しており、現物は一切手放さずに攻めていく予定。

クリヤマホールディングス 6900株@2538円
クリヤマホールディングス 2000株@2481円
旭有機材 1000株@2091円
三井物産 2200株@1936円
三井物産(信用) 1900株@1872円(金利300円/日、9000円/月)
GCA 100株@957円
=========================
総投資額 約3000万円

以上

3月19日(月)ブラックマンデー戦記


この記事を書いた人
りーぶら
りーぶら30代、都内在住、男性。

大企業に勤務するサラリーマンで、M&Aを手がけたり、世界を飛び回ったりしている。ぬるま湯に浸かって、飼い慣らされているサラリーマンが大嫌い。会社と契約関係にあるプロとしての自覚を持ち、日々ハイパフォーマンスの極みを目指している。歴史を学ぶことは未来を知ること、を掲げてしばしば世界を旅している。最近は独立して生きる力を身に付けるべく、資産運用に精を出している。好きな言葉 「人生の本舞台は常に将来に在り」

■関連記事

段々とオリンピックが近づいてきた。過去の他国におけるオリンピックを例に挙げながら、株価や不動産価格はオリンピックに向けてピークを迎えるといった論調で語られる事がある。 また、株や不動産投資家と話してい...   続きを読む »

今年1月頃までアベノミクスで上がり続けた株価は1月後半に入って横ばいとなり、2月1日に下降を開始、2月5日のブラックマンデーで大暴落した。 この時の戦いの日々を書き綴ったのが、2月5日から始まるブラッ...   続きを読む »

高齢化が進み、国家にとって年金負担が重くなっている昨今、iDeCoなるサービスが登場した。 要は、個人で年金積み立てるなら、税金安くするよ、というサービスで、国が仮に年金払いが遅くなったり、十分に年金...   続きを読む »

何度も話がそれたが、話を本筋に戻そう。 日本経済はバブルかというと、実体経済が伴いつつも、それに上乗せが加わり細マッチョにお肉がついている状態である。 政府としてのベストシナリオはデフレを完全に脱却し...   続きを読む »

2月21日(火)の更新以来、ほとんど株の売買をしていなかったので、すっかり更新が止まってしまっていた。毎日日経平均株価はもとより、NYダウや先物などを見てはいたが、いずれもため息しか出ない内容だったの...   続きを読む »

ページトップへ